終電を逃さない鉄則

終電というのは目の前に立ちはだかるとてつもない壁のようなものです。終電を逃さないようにしようと思えば思うほど、終電を意識すればするほどに、終電というのは遠くへ逃れていってしまうものなのです。終電は魔物です。終電で帰るわよと、歌手の椎名林檎さんは「丸ノ内サディスティック」で歌いました。しかし終電はのがしてしまうものなのです。これは人間の切ない原理といってしまえばそれまでですが、なかなか切ないものがあります。


終電を逃してしまわないには?

では終電を逃さないためにはどのような方法が必要なのでしょうか。まず根本的、原則的な確認としては「そもそも終電を逃すようなことをしない」ということに尽きるでしょう。つまりは、飲まない、あるいは飲み過ぎないということは鉄則となります。しかし、今はなき植木等のいう通り、「軽い気持ちで飲み始めたらいつの間にかハシゴ酒」というのが、世の常です。では、さらにさらにその前にどうすればいいのかということを考えなければいけません。どうすればいいでしょうか?

ほどほどにする

そこで出てくる答えとしては酒は飲むけれどもほとほどにするという教訓でしょう。飲み過ぎなければ次の日に動き回ることはできる。ヘロヘロかもしれないけれども、動き回っているうちにある程度の動きにはなるという安心牌です。そのようなテーゼによって安全というのは保たれているのです。ピースフルバンザイ、安全なお酒の飲み方バンザイということになります。

「電車・鉄道情報」の詳細を調べる

    
コメント