ターミナル駅を一つ外す乗り換えテクニック

新宿や渋谷や池袋など東京都心には多くの町並みがあります。これらの町並みは人混みにあふれており、普段ならば歩いて5分で到着するような距離なのに10分以上かかってしまい、移動にイライラするということもあるかもしれません。これは、ターミナル駅を使っているからこそ起こりうるものです。


一つ駅を外してみる

実はこれらの街は巨大な構造になっているので、町外れとなると、一つ手前の駅が近かったりすることがあります。例えば渋谷ならば文化村の奥の方へ用事があるという場合は、京王井の頭線の神泉駅の方が近かったりします。さらに新宿でも歌舞伎町の奥まった方に用事があるという場合は、都営大江戸線の東新宿駅や、JRの新大久保駅、大久保駅などの方が近かったりすることもあります。池袋の場合でも、北池袋、東池袋、要町といった駅が町外れにあります。場合によっては、こちらの方が近いということが多々あるのです。

賢い移動法

必ずしもJRでターミナル駅に降り立って、駅の中を人混みをかき分けて移動して、やっとこさたどり着くという必要はないのです。これは渋谷、新宿、池袋といった街に限りません。特に東京都内には多くの地下鉄路線図が走っていますので、ちょっと歩けば別の路線の別の駅にたどり着きます。乗り換え時間などを考えると、こちらの駅を利用した方が近いし早い、ということはよくあります。地図をにらめっこして最適なルートを探すようにすると良いでしょう。

「電車・鉄道情報」の詳細を調べる

    
コメント