近すぎる地下鉄駅に注意

東京都内には多くの地下鉄路線が通っています。さらにJR路線や、その他の私鉄を加えれば、路線の数は膨らみます。駅間の距離がとても近いものもありますので、場合によってはひと駅分歩いてしまった方が早い場合もあります。


新宿〜新宿三丁目

近すぎる駅間の代表格といえば新宿駅と新宿三丁目駅でしょう。もっとも近いところだと数百メートルも離れていません。新宿は広い街なので、新宿駅だけでなく新宿三丁目の方が近い場合もあります。さらに、歌舞伎町の裏手などは東新宿駅の方が近いということもあります。現在はスマホの地図なども発達していますので、事前によく調べておくと良いでしょう。

赤坂見附/永田町駅乗り換えの遠さ

距離の近さとともに、乗り換え駅の遠さが問題になる例もあります。地下鉄の赤坂見附駅と永田町駅は一つの駅とされています。しかし場合によっては700メートル近く歩くはめになることもあります。都心部の乗り換えとしては隣駅の溜池山王駅を利用した方が便利という場合もあります。

神保町駅〜九段下駅

この2つの駅も距離が近いことで知られています。さらに線路は靖国通りの下を通っているので、隣駅がしっかりと見えてしまうという状態にあります。

JR有楽町駅/JR京葉線東京駅

この2つの駅は別のものですが、東京国際フォーラムを通じてつながっています。有楽町駅で申し出れば、東京駅の京葉線ホームへの乗り換えはできるようです。いざ東京駅まで行っても400メートルほど戻らなければいけないので、こちらの乗り換え方法を選んだ方が得策でしょう。

「私鉄の駅はなぜ楽しげ?」の詳細を調べる

    
コメント