千田琢哉氏が頑張る20代に送る4つの言葉

著書『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』が大ヒットした千田琢哉氏。他にも20代に向けた本を数多く出版し、現在までの累計発行部数は80万部を超えています。今回は、千田氏が今まで出版した著書の中から4つの言葉をご紹介します。


1. 雑用から逃げると、死ぬまで雑用させられる

雑用はさっさと終わらせ、新しい事を始めるに限ります。雑用しかやらせて貰えないと言うのであれば、その雑用を完璧にこなしてみせましょう。雑用を完璧にこなし、雑用を雑用と感じなくなった頃に、新しい事を始める事が出来ます。

2. どんなことでも"わかりやすく説明"できる人に人は集まる

難しい言葉を頻繁に使って喋っている人は自己満足に浸っている様に見えてしまいます。本当に頭が良い人と言うのは、難しい言葉を誰でも分かる様に噛み砕いて説明出来る人の事です。

3. とりあえず鼻歌を歌ってみる

鼻歌を歌っている人に不幸な人はいません。嫌な事があったり、仕事で疲れたりしたら、肩の力を抜いて鼻歌を歌ってみましょう。きっと気分が楽になるはずです。

4. プライベートと仕事を分けない

本当に幸せな人というのは、プライベートと仕事が一体化しています。仕事だけではなくプライベートにも真剣になると、自然と人が集まり、お金が集まる様になります。

鼻歌を歌う人に不幸な人はいないと言うのは、なかなか面白い言葉だと思いました。今回ご紹介した以外にも100以上の言葉が千田氏の著書には紹介されています。まずは1冊読んでみてはいかがでしょうか。

次の記事

「20代で人生を変えてくれる11の言葉」

前の記事

「仕事のバイブルになる楽天・三木谷社長の名言」

参考本

「死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉」

参考本

「この悲惨な世の中でくじけないために20代で大切にしたい80のこと」

参考本

「20代 仕事に躓いた時に読む本」

    
コメント