ドラッカーのビジネス名言

マネジメント、経営学で権威のドラッカー。もしドラなどでもドラッカーは人気を博しました。ドラッカーの言葉からは、様々なビジネスノウハウを学ぶことができます。今回は、ドラッカーから厳選したビジネス名言を紹介します。


ドラッカーのビジネス名言

今日では、体系的な知識の所有を証明する学位なるものをもたないかぎり、中流の所得を得る道はほとんどない。

マネジメントは知識社会そのものにとって不可欠のものである。

成長するということは、能力を修得するだけでなく、人間として大きくなることである。責任に重点を置くことによって、より大きな自分を見られるようになる。うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。一度身につけてしまえば失うことのない何かである。目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。

成功のもたらす問題は、失敗のもたらす問題とは大きく異なる。しかし、そこで求められる姿勢、変化と継続双方への関わり方、一人ひとりの人間のとるべき行動、リーダーシップは同じである。

個々の専門知識はそれだけでは何も生まない。他の専門知識と結合して、初めて生産的な存在となる。知識社会が組織社会となるのはそのためである。企業であれ、企業以外の組織であれ、組織の目的は、専門知識を共同の課題に向けて結合することにある。

新しい知識を生み、古い知識を陳腐化させるものは、科学や技術とは限らない。社会的なイノベーションも同じように重要な役割を果たす。実際のところ、社会的なイノベーションのほうが大きな役割を果たすことが多い。

成果を生み出すために、既存の知識をいかに有効に適用するかを知るための知識がマネジメントである。しかも今日、知識は、「いかなる新しい知識が必要か」「その知識は可能か」「その知識を効果的にするためには何が必要か」を明らかにするうえでさえ、意識的かつ体系的に適用されるようになっている。知識はイノベーションにも不可欠である。

自分が何によって知られたいか、今でも考えることはあるかね

一つは、人は、何によって人に知られたいかを自問しなければならないということである。二つめは、その問いに対する答えは、歳をとるにつれて変わっていかなければならないということである。成長に伴って、変わっていかなければならないのである。三つめは、本当に知られるに値することは、人を素晴らしい人に変えることであるということである。

辞めるか、移るか

自らの成長のためには、自らに適した組織において、自らに適した仕事につかなければならない。そこで問題になるのは、「自らの得るべきところはどこか」ということである。この問いに答えを出すには、自らがベストを尽くせるのはいかなる環境かを知らなければならない。

学校を出たばかりでは、自らのことはほとんど何も分からない。大きな組織のほうが仕事ができるのか、小さな組織のほうができるのかは分からない。人と一緒に仕事をするほうがよいのか、ひとりのほうがよいのか、不安定な状況のほうがよいのか、逆なのか。時間の重圧があったほうがよいのか、ないほうがよいのか。迅速に決定するほうか、しばらく寝かせないとだめなほうか。

最初の仕事はくじ引きである。最初から自らに適した仕事につく確率は高くない。得るべきところを知り、向いた仕事に移れるようになるには数年が必要である。

われわれは気質や個性を軽んじがちである。だが気質や個性は、訓練によって容易に変えられるものではないだけに、重視し、明確に理解することが必要である。

ドラッカーの名言響きます。ビジネスマンなら少なくとも一冊はドラッカーの本を読みましょう。

次の記事

「仕事哲学を学べるドラッカーの5つの名言」

前の記事

「実は優良客を雑に扱っていませんか!? ビジネスマン人生を変えるかもしれない名言。」

参考本

「プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))(P・F.ドラッカー)」

    
コメント