仕事哲学を学べるドラッカーの5つの名言

現代経営学やマネジメントの発明者と言われているピーター・ドラッカー。多くの大学で教鞭を執り、多くの経営学者を排出してきたドラッカーの言葉は含蓄あふれるものばかりです。そこで今回は、ドラッカーの名言を参考にしながら仕事哲学を紹介します。


■5つのドラッカーの名言に学ぶ仕事哲学

1. 「仕事が重要なとき、自らを重要と感じる」

1つ目の名言は、自分の存在証明についての名言。突然ですが、皆さんは誇れるモノや誇れる経験を持っていますか。人は何かしら誇れる何かを持っているはずです。時には、その誇れるものを偽り、自分の心を堕とすものにもなります。人は何かを成し遂げた時、初めて達成感を持つものです。仕事が重要な時、自らを重要と感じることでしょう。

2. 「アウトプットを中心に考える」

2つ目の名言は、仕事の仕方についての名言。仕事を効率よいもの、生産性が高いものとするにはちゃんとした方法論があります。それは、仕事をアウトプット中心にすること。技術や知識などのインプットはアウトプットする前にすることはできますが、インプットから始めてはいけません。インプットしたというものは道具に過ぎないのからです。

3. 「自分の強みはわかりにくい」

3つ目の名言は、自己分析についての名言。誰しも社会人になると、自分の強みくらいは自覚しているもの。面接やプレゼンの時には、そういった面をアピールすることが多いと思います。ですが、たいていは間違っているのです。分かっているのは、弱みぐらいなものなので、自分の強みは主観的には分からないものなのです。

4. 「今さら自分を変えられない」

4つ目の名言は、自己革新についての名言。物心がつき早幾年、成人を迎える頃には自分というものがカッチリと固まってしまい、今さら自分を変えることは難しいのです。変えようとしても上手くいくはずがないのです。なので、自分の得意なことを伸ばす方向に力を入れるようにするべきとドラッカーは言っています。

5. 「誰にでも分かるように話す」

5つ目の名言は、スノビズムについての名言。スノビズムとは知識や教養をひけらかす人のことです。高度な知識や教養を持つほどにスノビズムは増していき、人としての傲慢さを増していくものです。ですが、知識ある人は、その知識や経験を相手に理解されるよう工夫する責任があるのです。専門家同士のうちわな会話に終始するというのは非常に傲慢なことなのです。

ドラッカーの名言以外にも仕事に対する哲学は沢山あります。興味がある人は探してみてはいかがでしょうか。

次の記事

「現代経営学の父!! ピーター・ドラッカーが残した3つの名言。」

前の記事

「ドラッカーのビジネス名言」

参考本

「仕事の哲学(P・F・ドラッカー)」

    
コメント