現代経営学の父!! ピーター・ドラッカーが残した3つの名言。

皆さんはピーター・ドラッカーをご存知でしょうか。最近ではビジネス書「もしドラ」でお馴染みのドラッカーで、現代経営学の基礎を築いた偉人でもあります。経営の神様とも呼ばれている彼は、神様といわれるだけあって数多くの名言を残しています。そこで今回はドラッカーが残した名言を3つ紹介します。


■ドラッカーが放った3つの名言

1. 「何を売りたいかではなく顧客は何を買いたいか」

売る側に立ってみると、いつの間にか顧客が何を求めているのか、買いたいのかということが頭からこぼれ落ちていることはないでしょうか。特に忙しい時には、顧客のニーズを満たすのではなく、自分が如何に楽をするか、具体的には自分が売りたい物を売っている自分に気がつくと思います。

そんな時こそ「われわれは何を売りたいかではなく顧客は何を買いたいか」を再び考えるとき。しっかりと顧客志向の心持ちを思い出させてくれる名言です。

2. 「企業が与える幸せは働く幸せ、経済的な幸せ」

会社は株主のもの。つまり、株主の利益を最大化すればよいのです。確かにその考えは間違っておらず、至極正しいものでもあります。ですが、会社は株主以外にも幸せを与えられるはずです。

例えば、従業員がやりがいを持って働けているという幸せ、またはお金を稼げているという幸せです。会社が株主に利益を還元するというのは、会社の機能の1つの側面でしかないのです。それをこの名言が語っています。

3. 「イノベーションを伴って初めて成果をもたらす」

最近のビジネス界隈ではマーケティングだけでモノを売ろうとする傾向がよく見られます。これも2番と同様に間違ってはいませんが、本質の部分ではズレています。というのはマーケティングとイノベーションは2つで1つだからです。

マーケティングだけ上手でも本丸のコンテンツや製品が良くなければ、会社の長期的成功は望めません。一過性のブームとして消費され、食い散らかされた後しか残らないことをドラッカーは語っています。

今回は経営の神様と言われているピーター・ドラッカーの名言を紹介しました。現代経営学の基礎を築いた偉人の言葉には含蓄があります。経営の本質論の1つとして覚えておいて損はないと思います。

次の記事

「かなりまとも!! ドラッカーが放った3つの名言」

前の記事

「仕事哲学を学べるドラッカーの5つの名言」

参考本

「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと。(小宮 一慶)」

    
コメント