松下幸之助の名言

かつては世界を圧倒していた会社であるパナソニックの生みの親である松下幸之助。経営の神様と言われている松下幸之助から、ビジネスだけでなく人生にも役立つ名言・格言を紹介します。

  • 名言形式で紹介。松下幸之助が心掛けていたこと。

    仕事をしていても、勉強をしていても、運動をしていても劣等感を感じる機会は絶えません。あの人に追いつきたいと思っても中々届かないのが現実です。そして、自分は何のためにいるのだろうと自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしば。そんな人はいないでしょうか。結論から言うと、

  • 迷わず行けよ、行けばわかるさ!! 松下幸之助が教える人生の名言。

    突然ですが、人生とはなんなのでしょうか。人間は誰ひとり例外なく寿命は決まっています。それを踏まえた上で、生きるとはどういうことなのでしょうか。その問に松下電器創業者の松下幸之助は「人生は道をひらくこと」と答えました。そこで今回は松下幸之助の名言を紹介します。

  • 松下幸之助の名言から読み取る!! これが俺の生き方!!

    突然ですが日本を代表する経営者と言えば誰を思い浮かべるでしょうか。SONYの盛田昭夫や井深大、JALの稲盛和夫、はたまたSoftbankの孫正義でしょうか。ですが、未だに多くの人から尊敬されている経営者といえば松下電器創業者の松下幸之助でしょう。そこで今回は、

  • 大事なものは変わらない。松下幸之助が残した名言たち。

    死しても尚、多くのビジネスマンから尊敬を集める経営者の松下幸之助。彼が今も生きていたら、今の時代を、今の自分をどう考えていたのでしょうか。仮に生きていたとしても、常に自問自答の重要さを考えていた松下幸之助だったら今も昔も変わらないことを考えていたのではないでし

1 / 1 1