圧倒的自分を持つために! イチローに学ぶ思考法。

孤高の努力家として知られるイチロー。自分を曲げずに今までやってきて、尚且つ結果も伴っているということで多くの人から評価を得ています。ですが、その当の本人はどう感じているのでしょうか。また、どう考えているのでしょうか。そこで、今回は圧倒的自分を持つイチローの思考法を学びます。


■イチローに学ぶ思考法

1. 「満足は求める中にあるんです」

1つ目の考えは、目標達成後のことについて。満足は目標を達成する過程に存在するとイチローは言っています。イチローは数字で満足することはあり得ません。というのは、数字が内容を反映しているとは限らないからです。また、目標を設定し、そこに到達すれば、そこで満足してしまって先へ進む努力をしなくなってしまうというのです。毎回なにかしら、改善することはあるという名言です。

2. 「結局、好きなことやっていると、人からそれを努力といわれても、自分ではそう思わないんですよね」

2つ目の考えは、夢を実現する過程について。楽しいことは苦痛と思わない、そんな経験は皆さんにもありますよね。楽しいことだから、苦痛なわけ無い、それは当たり前ですよね。結局のところ、人から辛そうに見えることも自分が楽しければそれを努力と言われても自分ではそうは思ったりしないのです。だから続けられたりするのです。

3. 「ヒットが出ているからといって状態がいいというわけでもない」

3つ目の考えは、自分がどういった状態にあるのかについて客観的な目を養うことについて。イチローいわく、スランプであっても猛打賞は出るし、絶好調であるときも2日連続ノーヒットの時もあるといいます。ヒットが打てているから好調という安直な考えではなく、自分に対し冷静な評価をすることの大事さを説いています。

4. 「打てなかったあとに道具にあたるのもあまりいい感じしませんね。だって、バットが悪いわけじゃないんだから」

4つ目の考えは、気持ちのやり場についての考え。スポーツ選手を見ていると、ふがいない結果やプレーをした時、道具に当たる選手を度々見かけます。そういった行為をイチローは否定的に見ています。理由はシンプルで、道具が悪いわけじゃないからです。人間と道具のどちらが安定しているかといったら、明らかに道具でしょう。

5. 「50歳のシーズンを終えたときにね、こう言いたいんですよ。『まだまだ発展途上ですから』って」

5つ目の考えは、自らの人生の描き方についての考え。野球選手の寿命は長くても40歳過ぎ。50歳のシーズンを迎え、尚活躍している選手など聞いたこともありません。ですが、イチローならばやってしまいそうな感覚を覚えます。それがイチローの凄みなのでしょう。

圧倒的自分を持つ男、イチローの思考法を紹介しました。ビビッとくるような考えを持っているイチロー。益々イチローの将来が楽しみになりますね。

次の記事

「暑苦しいけど元気がもらえる、松岡修造の言葉」

前の記事

「なぜこれほど完璧なのか? イチローが熱心に準備をする理由。」

参考本

「イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫(児玉光雄)」

    
コメント