小学時代の作文からも垣間見える!イチローの名言から学ぶ成功を掴むイチロー思考とは

孤高の天才プレイヤーであるイチローこと鈴木一郎選手。メジャー2500安打を記録し、来年には40歳を迎えるものの、いまだ活躍が期待されます。そんなイチロー選手はどのように考えたり、行動したりしているのでしょうか。今回はイチローの名言の中から成功をつかむためのイチロー型思考をご紹介します。


■イチローはどのように目標に向かうか

イチローは目標へと向かう考え方をこのように語っています。

「小さなことを多くつみかさねることが、とんでもないところに行く唯一の道」

イチローは絶え間ない努力を積み重ねていますが、目の前の仕事の大切さに気付き、行動しているのです。

「自分の中で立ってた目標というものを成し遂げた。そのことを成功だというなら、わかります。でも、他人が言う成功を追いかけはじめたら、何が成功か分からなくなってしまいます。」

イチローが他人が考える「成功」を追い、他人から認められることを望むのではなく、自分自身が納得できることを主眼においているのがわかります。そのために見返りを求めないで淡々と目標へと臨むのです。

■イチロー流進化の仕方

イチローは自分を進化させることに関して師匠の存在について挙げています。例えば、オリックスを率いた仰木監督に関して

「監督はたとえ数試合、安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにもいい成績を残したかった。」

こうした感謝の心が偉大な仕事をさせてくれるとイチローは語っています。ビジネスの世界でも、人に感謝できる者が組織で重用されるのはよくあることです。

また、自分の人生を変えてくれる師匠を持つことが大事です。イチローにとっての人生の師匠は、愛工大名電の当時の監督の中村豪監督でした。中村監督は自主性の大切さを部員に対して徹敵的に教え込み、イチローの中に未だその考え方は活きています。

■イチロー少年が書いた作文

イチローはこのような作文を小学6年生の時に書いています。

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。(中略)3年生のときから、今まで365日中、360日は激しい練習をやっています。だから一週間中、友達と遊べるのは5時~6時間の間です。そんなに練習やっているんだから、かならずプロ野球選手になれると思います。」

努力をすれば、それが必ずしも報われるとは限りません。けれども、「一流のプロ野球選手」になるという目標・夢に向かうために考え、行動していたイチロー思考が実を結ぶのは当然かもしれません。

国内ではサッカー人気が高まり、かつて程野球が国民的スポーツにはなってはいません。けれども、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の参加が取り沙汰されるように、まだまだ野球も根強い人気を持っています。その一端を担ったイチロー選手の考え方をビジネスなどの場面でも取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の記事

「今年は40歳の年! イチローの人生を表す名言」

前の記事

「読めば心が軽くなる。乙武洋匡の「オトことば」」

参考本

「イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫(児玉 光雄)」

    
コメント