松本人志、ロンブー淳、瀬戸内寂聴に学ぶ恋愛名言!

生活から切り離すことのできない恋愛。辛い恋愛、幸せな恋愛、モテたい、理想の女性と出会いたい…などたくさん恋愛に関する悩みがありますよね。今回は、芸能人のあの人はどんな恋愛観をもっているか恋愛名言を通じて紹介します。


■松本人志(ダウンタウン)

理想の女性像は?と聞かれでも、特にないから困る。強いていうなら、理想の女とは、まだ出会ってない女だろう。

ダウンタウンの松本人志さんが結婚前に語った言葉です。理想の恋人像を持つのは悪いことではありませんが、はっきりいってそれは虚像にすぎません。虚像に振り回されて、「あれもイヤ、これもイヤ」なんて選り好みをしていたら、いつまでたっても恋人なんかできっこありません。

■瀬戸内寂聴

愛した瞬間から喜びより苦しみが始まる。それでも人は愛したがる。愛のない人生は荒涼として淋しいと思う。なぜなら愛する人がいた場合、たとえ片想いであっても、人は自分をよりよく鍛え成長させ、磨きたいと思うからだ。

人を愛することは、楽しいことばかりではありません。失恋の痛みもあれば、裏切りにあって傷つくこともあります。嫉妬や怒りなどネガティブな感情を抱くことも多いでしょう。それでも人が誰かを愛することをやめないのは、人を愛することによって自分が成長するからだと寂聴さんは言います。さびしさを埋めるためだけに、安易に異性を求めていては、さびしい結末を味わうだけです。苦しみをともなうような真剣な恋愛は、たとえそれが片想いであっても、その人を鍛え、成長させるのです。だから「人は愛なしでは生きられない」のではないでしょうか。

■ビートたけし

最後まで押し通せなかったらやさしさではない。途中でくじけるなら悪人になればいい。やさしさは根性です。

一時だけのやさしさでは意味がない。やさしさは貫き通さなければ意味がない。長い年月、寄り添っていくのが夫婦です。生涯でもっとも大切にすべき人の前なのですから、少し根性を見せてみましょう。

■田村淳(ロンドンブーツ1号2号)

モテる人って年がら年中、モテることを考えてるんですよね。

淳さんは小学生の頃から常にモテたい!と考えていました。クラスの女子にモテるのは、頭のいい男子か足の速い男子。そう考えた淳さんは、なんと毎朝6時に起きてかけっこの練習を始めたそうです。毎朝坂道ダッシュを30本ほど繰り返し、本当に足が速くなった淳さんはクラスの女子に言い寄られるようになったのだそうです。

ロンブー淳さんがなぜモテるのかなど名言を通じてわかりますよね。もっと名言が知りたい方は、「平成の名言200〜勇気がもらえるあの人の言葉」を読んでみてはいかがでしょうか?

次の記事

「今すぐ使いたい!! ビッグダディ名言のキャッチコピー術」

前の記事

「仕事から逃げ出したい時に聞きたい! 心が楽になる有名人の名言」

参考本

「平成の名言200〜勇気がもらえるあの人の言葉(大山 くまお)」

    
コメント