精神的にラクになりたい人に捧げる。開き直るための名言。

新年度も始まり、早三ヶ月。緊張がそろそろ解けてくる頃かと思いますが、周りを見渡してみると依然として緊張している人もいます。緊張していると普段の力を出せないどころか、体にも良くありません。そこで今回は、精神的にラクになりたい人に向け、開き直れる名言を紹介します。


■開き直れる7つの名言

1. 期待を捨てれば自由になる

かけられた期待は乗り越えられれば自信になりますが、乗り越えられなければ呪いとなって縛り続けます。そんなものはそもそも捨ててしまえば良いのです。

2. 平凡の中に非凡を見出す

足が速いや格好いい、可愛いといった「目立った非凡」はどうしょうもありません。そういったステージで勝負をしないで、自分が持っているカードの中で非凡を探しましょう。

3. 「more is better」という考え方を捨てる

確かに他より優れていることは良いことです。ですが、常にそれでは息苦しくありませんか。不得意分野かもしれないのに関わらず、他の人と同じ成果をだすことは十分優れていることの証明でもあります。

4. ほしいものよりもっているものを意識する

現在もっていないものは努力しなくては手に入りません。もしかしたら手に入らないかもしれません。一方で、持っているものはそういった苦労をする必要はありません。持っているものをよーく見てみましょう。何かあるかもしれません。

5. ちがう視点の記事や本を読もう

他の人とは異なった視点の記事や本は視点が違うというだけで価値があります。スパイスを入れるだけで話や意見が大きく変わることがあります。

6. しょせん、すべては小さなこと

長期的に見れば、しょせん全ては小さなこと。世界的に見ても全ては些細なこと。気負わずに生きましょう。

7. 小さなことにくよくよするな

当時は深刻に考えていたことも大人になってから振り返ってみると、なんであんな些細なことで悩んでいたんだという経験は無いでしょうか。小さなことに囚われていてもしょうがありません。

上手に開き直れば、肩の荷はふっとおります。気負わず笑顔で生きましょう。

次の記事

「辛そうな顔するな!! 人生をラクに生きるための名言。」

前の記事

「1000冊以上読んだ本から見つけた名言集」

参考本

「小さいことにくよくよするな!(リチャード・カールソン)」

    
コメント