1000冊以上読んだ本から見つけた名言集

本を読んでいると素晴らしい名言に出会うことがあります。今回は、1000冊以上読んだ本から見つけた名言を余すことなくお伝えします。


本で見つけた名言集

教育はインプットしたものをアウトプットして終わるのではなく、次世代に継承してはじめて完結する。

失敗を恐れるな。やろうともせずに逃してしまうチャンスこそ、恐れるに値するのだ。

何もしないことこそ、最大のリスク。

無から有を生み出す喜びを知れ。それには質問力が必要だ。

自信とは自分を信じること。

自分を責めたり悔いたりする必要などない。

自分がありのままの自分でいられるような人生を謳歌する。自分の命に沿った生き方を選ぶことが、人にとって最も自然な姿。

私が自信を持ってできることは、自分自身であること。たとえ自分という存在が、どんな人間であっても。

一生付き合って幸せな気分でいられるような自分を自ら作り出す。

無理して人と違う自分を演じようとする必要はない。良い結果を出そうと頑張れば、それだけでじゅうぶん人とは違う自分を演出できるのだ。

自分自身の最高の状態を目指す。

自分とは探すものではない。自ら創り出すものである。

誰かを裏切れば、結局、自分を裏切ることになる。

自分の意志の主人となり、良心の奴隷となれ。

自分には何のメリットも与えることがないとわかりきっている人に対して、どういう態度で接しているかを観察してみれば、その人の人間性が見極められます。

人生の意味は一つしかない。生きるという行為自体である。

世間において常識とみなされていることに対して、疑問を呈する勇気を忘れてはならない。健全な猜疑心こそ、ものごとの裏に潜む本質を見極める近道である。

誰もが同じように考えているときは、誰一人として真剣には考えていないものである。(会議とか)

単純な人間は何もかも信じてしまう。

二つの矛盾は一つの矛盾よりはましだ。二つ合わせれば、解に近づけるかもしれないからだ。

いざというときに、大勢のあとについていってはいけない。

違うよ。そうじゃないんだ。君は思考していない。ただ、論理に支配されているだけなんだ。

批判するほうが、正確であることよりもはるかに易しい。

語るな、語るな。聞いて、聞け。相手の話を、聞けば聞くほど、自分の主張は聞いてもらえる。共感は共感を呼び、人の輪は広がっていく。一方、自分が語れば語るほど、自分が得るものは減っていく。そして、不協和音の中で、いつの間にか人は離れていく。相手の話に耳を傾けるという行為は、譲るという精神にも通じる。実際、多くの動物は譲ることが出来ない。譲り合いながら生きてきたのが、人類の歴史の一面ともいえよう。口はひとつ、耳はふたつ。相手の話は、自分が話す時間の倍かけて聞く。

自分が話すことから、自分が学ぶことは何一つない。学ぶためには、絶対に相手の話を聞かなければならない。

コミュニケーションで一番大切なことは、相手が口にしていない言葉を聞き分ける力である。

神が人間に二つの耳と一つの下を与えたのは、話すよりも聞くことを重視したからである。

手癖の悪いやつよりも、口の軽いやつのほうが始末が悪い。

捕まえた鳥を逃がしても、また捕まえられるかもしれない。だが、一度発した言葉を取り返すことはできない。

混沌を見極めるものが金を掴むのである。

次の成長段階に進むためには、会社の歴史の中で少なくとも一度は抜本的な転換が必要なときを迎える。この瞬間を逃せば、あるのはただ衰退のみである。

市場は、常に不確実で、不安定な状態にある。だからこそ、常識に頼らず、意外性にかけてみる者が、金を掴むのである。

お金は手段に過ぎません。自分が行きたいところには連れて行ってくれますが、自分が運転手だということは、忘れてはなりません。

社員に会社の備品を盗ませないのと同様に、同僚の時間を奪ってもなんとも思わないような社員をのさばらせてはいけない。

生涯学習者を目指せ。知識を詰め込むのではなく、物事を見つめる新しい目を養いながら知恵を身につける。時には思い切って、居心地の良い環境から、物理的、心理的にあえて抜け出し、新しい視点に対しても柔軟に対応できる能力を磨いていく。環境変化にも敏感に反応し、適応していく力を常日頃から養っていく。そういう姿勢があれば、これからの時代は最高に面白い時代になる。

学ぶということは、これまで理解しているとずっと思いこんでいたことに対して、突如として全く違った見方をすることです。

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、よりいっそう学びたくなる。

どんな教育も突き詰めていけば、独学につながる。その意味で、独学が唯一の教育である。

行動を伴わない知恵は、実のならない木のようなもの。知行合一が大切である。

知識というものは、学んで手に入れるもの。信頼は疑いによって、技術は練習によって、そして、愛情は愛情によって獲得するものである。

これからの時代は、失敗から学ぶ姿勢と実行力を兼ね備えた者だけが生き残っていく。失敗を重ねて失敗を恐れなくなった

人間ほど逆境で力を発揮できる。

人間ができる唯一の独創的な行為こそ、間違えることなのである。

意味のある努力は、やってみる前には簡単に見えない。

金をなくしても、何も失わない。誇りをなくせば、多くを失う。勇気をなくせば全てを失う。

専門家とは、非常に狭い分野で、ありとあらゆる失敗を重ねてきた人間のことである。

状況が悪くなればなるほど、形勢逆転は容易になる。しかも、好転の影響は増大する。

自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

過去というものには、常にバカバカしさがつきまとう。

人生では、時には愚か者を演じなければならない時がある。

そもそも人間という存在は、物事を完璧には理解することができない生き物である。この事に気づくと、間違える事は恥ずかしくなくなる。恥じるべきは、過ちの習性を怠った時である。

悲観主義は私が決して手にすることができない高級品なのです。

神は越えられない試練を人には与えない。

経験は素晴らしい学校だ。ただ、授業料が高いのがたまに傷だが。

チャンスというものは、たいてい大変そうに見えるものです。だから、多くの人は、それがチャンスであることすら気づかないのです。

自分が好きなことで失敗するほうが、嫌いなことで成功するよりも、幸せではないだろうか。

一見リスキーに思えることでも、後になって振り返ってみると、実は最適な道であったと気づくことは多々ある。

現状維持こそ最大のリスクである。

恐怖から生まれる弱々しいささやきが聞こえてきても聞いてはいけない。成功と失敗を人生の尺度にはしないこと。

一番きついのは、何もしないことだ。

物事や状況が悪くなる、悪くなる、といつも言っていると、よく当たる預言者になれるだろう。

快適な空間にしがみつく自分をそこから押し出すのだ。そして、頭の中でくすぶっていたアイデアを実践に移してみよう。

成功の秘訣は、目的遂行に対する首尾一貫した姿勢である。

何かを行う事の最大のメリットは、それをもっと突き詰められるチャンスを獲得できる点にある。

小さな穴は大きな船を沈めてしまう。

知性というものは、年齢とともに自動的に身につけられるものではない。何もせずに、年齢とともに手に入れられるものなど、

何一つない。例外として皺が上げられるが。

独創的な発見であればあるほど、後から考えてみると、当たり前のように思えるものである。

発見とは、誰もが見たことのあることをじっくり見据えた上で、誰一人として考えたことのないことを考えてみることである。

人生ははかなく、それ自体の意味は希薄である。だからこそ、人は必死になって自分なりに人生の意味合いを創り出そうとする。そのプロセスを文字にしたり、頭の中で思い浮かべることができれば、映画にすることができるのである。

発見とは、いざという時のために、不断からたゆまぬ努力を続けてきた人間との偶然の接触といえよう。

完璧主義は、創造の天敵である。

過去から学び、今日のために行き、未来に対して希望を持つ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないようにすることである。

何事にも疑問を持って接しよ。

一番確実な未来予知の方法は、未来自体を造りだしてしまうことである。

質問を呈する勇気と、考え抜いて出した答えの深さによって、我々は世の中に意味合いを見いだすことができるのである。(全てのことがわかる日などない。学び続けよ)

どんな質問でも必ずしも答える価値があるとは限らない。

退屈の治療には好奇心が必要ですが、好奇心を治す薬はありません。

どこかで、何か素晴らしいことが、誰かに発見してもらいたくてうずうずしている。

あなたの手を熱いストーブに1分間あててごらんなさい。1時間のように感じるでしょう。可愛い女性と1時間話してごらんなさい。1分間のように感じるでしょう。それが相対性の意味です。

年をとるから、笑わなくなるわけではない。笑わなくなるから、年をとるのだ。

自分の顔には、自分の全人生がはっきりと現れます。だからこそ自分の顔に誇りを持てるようになるべきなのです。

正しい態度で毎日を過ごすことができれば、負のストレスを正のストレスに変えることができるのである。

世の中には、本当に深刻な問題があって、そういうときは、笑うしか術がないのだ。

スピードをとして、人生を楽しむのだ。スピードを出し過ぎると、景色をじっくり見ることもできないし、目的地やそこに向かう理由まで見失ってしまうものだ。

物事は見る角度によっては、そんなに悪くないものである。非条理や逆境を笑い飛ばすことこそ、自らを鼓舞する最良の方法である。

考えたって仕方がない。無理をしない。自分を責めない。追い詰めない。それよりも、とにかく1歩前に進んでみよう。考えるのは、それからでも十分に間に合うから。「まあ、いいか」。どんな辛い状況にあっても、前向きな自分を、橋の向こうに見つけることができる魔法の言葉である。

「一度の敗北はおろか、100度の敗北にもあきらめてはいけない」リンカーン

「誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによって他人の扉を開くことはできない」マリリン・ファーガソン

「主よ、変えるべき変えられることを変える勇気を、変えられないことを受け入れる平和を、そしてその区別をつける知恵を与えたまえ」アルコール依存症連合会

「二度測って、一度で切る」大工

「弱き人こそ薄情である。優しさは強き人にしか期待できない」レオ・ロスキン

「大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりの人のために全身を捧げる方が気高いのである」ダグ・ハマーショルド

「現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長していくだろう」ゲーテ

「大工と話すときは、大工の言葉を使わなければならない」ソクラテス

「おのれよりも優れたものに働いてもらう方法を知る男、ここに眠る」アンドリュー・カーネギー

「常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば」ゲーテ

「成功するための唯一確かな方法は、どんな仕事であれ、期待されている以上の事をすることである」オグ・マンデイーノ

「たいして力のない人でも、ひとつのことに全力で粘り強く取り組めば、大きな成果が得られる」サミュエル・スマイルズ

「待っていてはいけない。絶好のときなどない。今いる場所からスタートし、自分の使える道具を使おう。そうすれば、やがてもっといい道具が見つかるだろう」ナポレオン・ヒル

「終極において、人は人生の意味は何であるかを問うべきではない。むしろ自分が人生に問われていると理解すべきである。一言で言えば、すべての人は人生に問われているのだ。自分の人生の責任を引き受けることによってしか、その問いかけに答えることはできない」ビクター・フランクル

「成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということである。彼らにしてみても、必ずしも好きでそれを行っているわけではないが、自らの嫌だという感情をその目的意識の強さに服従させているのだ」E.M.グレー

「偉人は、小人物の扱い方によって、その偉大さを示す」カーライル

「わたしには、人の熱意を呼び起こす能力がある。これが、わたしにとっては何ものにも変えがたい宝だと思う。他人の長所を伸ばすには、褒めることと、励ますことが何よりも大切だ。上役から叱られることほど、向上心を害するものはない。わたしは決して人を非難しない。人を働かせるには奨励が必要だと信じている。だから、人を褒めることは大好きだが、けなすことは大嫌いだ。気に入ったことがあれば、心から賛成し、惜しみなく賛辞を与える」シュワップ

「どんな人間でも、何かの点で、私よりもすぐれている。私の学ぶべきものを持っているという点で」エマーソン

「成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に他人の立場からも物事を見ることのできる能力である」ヘンリー・フォード

「まず相手の中に強い欲求を起こさせること。これをやれる人は、万人の支持を得ることに成功し、やれない人は、一人の支持者を得ることにも失敗する」オーヴァストリート

誠実な関心を寄せる:相手の関心を引こうとするよりも、相手に純粋な関心を寄せる。他人のことに深い関心を持つことこそセールスマン、誰もが持つべき大切な心がけである

「他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。人間のあらゆる失敗はそういう人たちとの間から生まれる」アドラー

「物事には、本来、善悪はない。ただわれわれの考え方いかんで善と悪とが分かれる」シェークスピア

「およそ、人は、幸福になろうとする決心の強さに応じて幸福になれるものだ」リンカーン

「良い習慣は、わずかな犠牲を積み重ねることによって作られる」エマーソン

「自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。例え、どれほど教育を受けても、教養が身につかない人間である」ニコラス・バトラー

「人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ」ガリレオ

「私の知っていることは一つだけだ。自分が何も知っていないということ」ソクラテス

「悩みに対する戦略を知らないものは若死にする」アレクシス・カレル

「古い常識のレンズを通してみれば、新しい世界はどんなものであれ、珍妙に映るものだ」

「たいていの本は、味見をするか、丸呑みすれば十分だ。ごくわずかな本だけが、よく噛んで味わい、吸収する価値がある。すなわち、大抵の本は、部分的に読めば事足りる。他は読んだとしても、面白くもない。注意深く全体を読む価値のある本はほんのわずかしかない」フランシス・ベーコン

「もし親指を描きたいなら、親指を描こうとしてはいけない。なぜなら、それでは、左脳、分析性に優れた、芸術的ではない脳を使ってしまうから。親指を描きたいなら、親指の周りの空間を描きなさい。そうすれば、創造性に優れた右脳が使われる」ベティー・エドワーズ

「何かをしたいと強く思い、きっとできると思い、いったんそれを忘れると、願いはかなう」

「学んだことの、たった一つの証は、変わることである」

「どこかに面白い仕事がないかと探すんじゃなく、目の前の仕事を面白くする方法を探し出すことのほうが重要」

「川や海が数知れぬ渓流の注ぐところとなるのは、身を低きに置くからである。その故に、川や海はもろもろの渓流に君臨することができる。同様に、賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置く。かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に建てども、人の心は傷つくことはない」老子

「虐待されようが、強奪されようが、忘れてしまえばどうということもない」孔子

「数値化できない目標は、実行できないとイコール」カルロス・ゴーン

「幸運な男を海に投げこむと、魚をくわえて浮き上がってくる。」アラブの格言

「自分を信じている人は誰よりも幸運だ」ドイツのことわざ

「大切なことをつまらぬものの犠牲にしてはならぬ」ゲーテ

「最初で最高の勝利とは、自分自身を征服することである。自分に征服されることは、最も恥ずかしく、卑しむべきことである」プラトン

「それを信じ、それを確信していれば、失敗のしようがない。それは何であろうと関係ない。必ずそれを手に入れることができる」レイ・クロック

「私たちの疑いは、反逆者であり、やろうとしないから失敗してしまうという安易な道に私たちを誘いこむのである」シェークスピア

「規則にない報酬を与えなさい。規則にない指示を与えなさい。」孫子

「世界に変化を望むのであれば、我々自らその変化にならなければならない。」ガンジー

「これまでは無名でものんびり暮らせたが、これからはそうはいかない」マイケル・ゴールドハバー

「若い諸君、なにかしら生きた証を残したまえ」アンドリュー・カーネギー

「力は誰も与えてくれない。自分で奪い取るものだ」ロザンヌ

「注目されなければゼニにならない経済は、スターのシステムと同じだ。抜きんでたものがなければ、いくら頑張っても注目されない。注目されなければ、高い給料もらえない」マイケル・ゴールドハバー

「世の中を変えたいと思うなら、その方向に自分たちが変わらなければならない」ガンジー

「よしよし、うまくいっている。このまま同じことを続けて、目先だけちょこっと変えればいい。そんなことを考えていると、自分が自分のパロディになってしまう危険性がある。」

「この世の終わりが来るまで、宿題ぐらいは片づくかもしれない。しかし、大発明をしない限り、有名にはなれないし、財産は築けない」デービッド・オグルビー

「古い経済では、計画を立て、それに従うというのがルールだった。新しい経済はまだ形が定まらず、いわば場外でプレーする為、これまでのルールが通用しない。途方もない夢を持って、路線バスに乗らずにヒッチハイクしろ。何ものにも縛られるな。びっくりすることに心を開いておけ。あつかましくやれ」ハリエット・ルービン

「上手な演奏もあり下手な演奏もあるが、問題は魂を奏でることだ。演奏が拍手喝采を浴びるかどうか、それは自分の意のままにはならない。人間が意のままにできるのは、自分の意思だけだ。世間的に大成功するかどうか、それは自分の意のままにはならない。人間が意のままにできるのは、自分の意思だけだ。小手先でうまくやろう、見せよう、受けようと思えば、それほど苦しまずに美酒を味わえるかもしれない。心底真実と思うものにしたがい、自分の良心に従い、精神にムチを打ち、ひたすら純心を追い求めれば、深い絶望と孤独にさいなまれ、絶え間なく悩み苦しむことになる。それでもへこたれず、信念を貫き通せば、自分を鍛えてくれる劇場はいつの日か、脳天を貫くような歓喜で私たちを包んでくれる」ストラヴィンスキー

「死は、生きることをやめる多くの方法の一つに過ぎない」アルバー・サイモン

「成果と活力は、新しいことに挑戦する勇気から生まれる。夢に取り憑かれた素人は、天才でなくとも、習い覚えた定跡から飛び出す。私たちに多くの実りを与えてくれるのは、それまで誰も考えつかなかったとんでもないことを思いつく怖いもの知らずの素人である」ダニエル・ブーアスティン

「たった2ヶ月間、他人が成功できるような力を尽くすだけで、自分の成功の為に他人の協力を取り付けようと2年間あくせく努力する以上に、大きな成功を収めることができる」カーネギー

「目標に自分の力を集中させることによって、全ての偉大な人は偉大になり、全ての成功者は成功した」オリソン・スウェット・マーデン

誰かができたなら、あなたにもできる:世の中には他の1人成功している人がいるのは、なぜだろう? 種まきと収穫の法則、原因と結果の法則は、成功は偶然ではなく、失敗も偶然ではない。成功にも失敗にも、特定の原因があるのだ。あなたが手に入れたい結果があるのならば、以前はその結果を手にしていなかったが、今は手に入れている人を見つけ、その人物と同じことを実践すればいいのだ。「誰かが成功を収めたということは、他の人にも同じことができるという証明である」リンカーン

「あなたはやりたいことを何でもできる。欲しいものを何でも手に入れられる。何でもなりたいものになれる」ロバート・クーリエ

「情報は力なり、それも上司の秘密なんて握ってたら最高だ」エセル・ワッツ・ムンフォード

「結論とは、考えるのに疲れ果てた時にたどり着く場所のことである」マーティン・H・フィッシャー

「答えを全部知っているよりも、疑問をいくつか持っている方がいい」ジェームズ・サーバー

「たとえ正しい道を選んでも、そこでぼんやり座り込んでいたら、後から来た人があなたを踏み越えていくだろう」ウィル・ロジャース

「失敗することがあっても、大きなことに取り組んで栄誉ある勝利を獲得する方が、大した苦労もない代わりにたいした喜びもない臆病者の群れに加わるより、はるかに良い。臆病者は、勝利も知らなければ、敗北も知らない灰色の生活を送っているのだから」セオドア・ルーズベルト

「独創的なアイデアを持っている人の意見に耳を傾けよう。そのアイデアがはじめは、どんなに馬鹿げていると思えたとしても。激励しよう、ケチをつけるな。アイデアを出すよう、皆に奨励しよう。優秀な人材を雇い、自由に仕事をしてもらおう。部下の回りにフェンスをめぐらせば、部下は臆病になる。必要なだけの自由を与えよう。思いつきの実験を奨励しよう。試してみよう。なるべく早く」3Mのスローガン

「常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクション」アインシュタイン

「毎日の仕事は実に平凡だ。それでも私は、それらの仕事と完全に調和している。去るものは追わず、来るものは拒まず、葛藤や障害などどこにもない。いったい富や名誉など、誰が気にしよう。どんなにつまらぬものも輝いている。私の奇跡の力と精神的な活動、それは水を汲み、薪を運ぶことだ」禅

自分以外は全て師なり

次の記事

「精神的にラクになりたい人に捧げる。開き直るための名言。」

    
コメント