あなたの心を楽にする名言

毎日の生活で疲れていませんか? 消極的になっていませんか? あなたの心を楽にする名言を紹介します。


■あなたの心を楽にする名言

無理なく生きるには、心の安らぎを得て、ストレスと折り合っていくのが一番いい。そして、心の安らぎを得るには、心を解きほぐし、安らぎを受け入れられるよう考え方を変える努力が必要だ。

心のなかを安らぎで満たすためにもっとも大切なのは、心を空っぽにすることだ。

自分が罰を受けて当然だと考え、それを期待してしまう。その結果、常に何かが起こるという不安のなかで生きている。そして、仕事に打ち込むことで、少しでも罪悪感を忘れようとする。

エネルギーを失うのは、がむしゃらに働くせいではありません。感情が不安定になるからです。

罪や不安から人を解放するには大きなエネルギーが必要なので、生きるための機能を維持する分はほとんどなくなってしまう。不安と罪悪感によってエネルギーが差し引かれてしまえば、仕事のために使う分も残らない。その結果、すぐに疲れてしまうのだ。

手法を知っていたとしても、使ったことがなければ何の価値もない。 人生は、そのせいで悲劇的なほど非効率なものになる。家の入口に黄金があるのに、貧しい暮らしをしているようなものだ。その人は人生に賢く対処していない。

あなたが永遠にそこで眠ることになっても、世界は同じように続いていくという厳粛な事実を受けとめてみてください。あなたはとても重要な人物ですが、ほかの人も同じようにできるでしょう。墓石のひとつに腰をおろし、次の言葉を繰り返し、口にしてください。「千年といえども御目には 昨日が今日へと移る夜の一時にすぎません」

速く進むために、ゆっくり漕げ。

怒ってはいけない。苛立ってはいけない。穏やかな気持ちでいることを学ぼう。

平穏を保つには、平穏な考え方をするのが大切だ。身体は、頭を通過する思念に敏感に反応するからである。 まず身体の動きが鎮まれば、心も鎮まる。身体の状態から、好ましい心の状態を引き起こすこともできる。

ストレスを減らす簡単な方法のひとつは、「気楽にやろう」と思うことである。どんなことも、ゆっくり、慌てず、力を抜いてやろう。

遅れに苛立つのではなく、その機会を利用してリラックスを図る。エンジンを切り、座席の背にもたれ、頭の後ろで手を組み、目を閉じる。眠ってしまうこともあるらしい。眠ってしまっても、車の列が動き出せば、甲高いクラクションの音で目が覚めるから何の心配もないそうだ。 交通渋滞の合間に完全にリラックスできるのはわずか一分程度。しかし、それだけで、エネルギーを十分に回復できるそうだ。一日のうち、たとえ何分かであっても休息をとる機会はたくさんある。

意識的にリラックスした状態を保てば、パワーを得られる。それは、時間の長さで決まるのではない。その時間をどう過ごすかである。

どんなに多忙だとしても、新しい考え方を学び、それによって力を得るには訓練しなければならない。

名言には心を楽にする力があります。心に響いた名言はありましたか?

次の記事

「自信喪失なう。困難を打ち破る7つの名言。」

前の記事

「辛そうな顔するな!! 人生をラクに生きるための名言。」

参考本

「積極的考え方の力(NVピール)」

    
コメント