ライフバランス

  • ()
  • ()
  • ナリワイの作り方とは?

    ナリワイと呼ばれる言葉があります。感じで書けば生業ですね。せいぎょうとも読めます。生きる仕事といった意味として取ってもらって良いでしょう。

  • モノが少ない幸せとは?

    断捨離をしたいのだけれども、なかなか実行に移せないといった思いを抱えている人は多いのではないでしょうか。いつか、それを使うことになるかもしれないから、といった前提から考えてみると、確かにそれはもったいないといった精神につながってしまうのは確かですね。

  • 必要十分生活とは何か?

    生活をするにあたって、どういった空間やものが最適なのでしょうか。服をいっぱい持っていたとしても、いつも着ているのは何着かに限られています。食器がたくさんあったとしても主に外食がメインの場合は、なかなか使う機会がないといったことはよくありますね。生活のまわりを見渡してみると、けっこうな量の無駄があることに気づきます。

  • ひとりで頑張らない本?

    ひとりで頑張るというのは、よく求められるプレッシャーではあるといえるでしょう。それはひとつのいわゆる理想像として掲げられることがあったとしても、それは理想であるからして、かなえられることが困難であるという条件もあるわけで、誰もがそれをスムーズにできることはないのだということは頭ではわかっていたとしても、情報化社会がそれをあおってくるという現状もあるわけで、なかなかつらいものがあるのは確かですね。

  • 大好きなことを見つけるには?

    仕事な土を続けるには好きなことを見つける、仕事を楽しむというのが良いとされています。それは、一見するともっともなことを言っているようでいて、なかなか真実にたどりつくのが難しいというのもあるでしょう。

  • 自由に生きるモデルとは

    自由に生きている人というのがいます。それはひとつのロールモデルとして提示されるにはあるのですが、必ずしも誰しもがそのような生き方ができるわけではありません。そうしたレアケースであるがゆえに、その人が注目されるのでしょうといった見方はひとつあるといえるでしょう。しかしながら、ネット発で夢をかなえてしまう人もいるのです。それが現在のネットドリーム社会であるともいえるかもしれません。

  • 捨てる生き方とは?

    大事なものをなかなか捨てられないといった思いがある人はいるでしょう。しかしながら、それを捨ててこそ、新たなものに出会えるととなえるのがホリエモンこと堀江貴文による『捨て本』(徳間書店)です。これはいわゆる断捨離といったものにまつわる本ではありません。ホリエモン自身がどのように生きてきたのか、さらにそこでどのように捨てる生き方をしてきたかについて注目した本となっています。

  • うまくいく人の秘密とは?

    仕事やプライベートなどにおいて、なぜかうまく生活がまわっている人がいます。特段の努力や、あるいは高い適応能力などを持っているわけでは決してないようにも思えるのですが、なぜだか成功へとつなげている人たちにはどのような秘密があるのでしょうか。もちろん、そこに何かしらの秘訣があるのならば、是非とも見習いたいと思う人もいるでしょう。

  • 大好きなことで生きる

    好きなことをして生きる、とはひとつの目標ではあるでしょう。しかしながら、なかなかうまくいかないもんだなというのが実際のところなのではないでしょうか。そのあたりについては建前と理想が拮抗しているような部分もありますね。

  • ラクに生きるヒントとは?

    この世の中は生きづらさであふれています。特に、影響をこうむりやすいのは、繊細な人であるといえるでしょう。ほかの人ならば問題のないことであっても、つい気になってしまうといった人もいると思います。

  • 本棚の補強にはL型金具がおすすめ

    本好きにとって、課題と言えるのが本棚の確保でしょう。さらに本棚にめいっぱい本を詰め込んでしまうと、中板がしなったり、ダボというはみ出した金具で固定するスタイルの場合には、それが外れてしまうことがよくあります。これは低い値段で購入した本棚となると、余計にそういったことが起きてしまうようです。

  • 人生の中心を自分にする

    人生というのは、どういったものとして位置づけられるでしょうか。やはり仕事が一番の生きがいという人も多いでしょうが、その一方で家庭やプライベートを大事にしたいという人もいるでしょう。やはり後者において、生きがいを見出していくというのがひとつの方法としてはある程度の妥当性があるものだと言えるかもしれません。

  • 朝8時までの習慣に注目する

    早起きは三文の得といった言葉は昔から言われているものですね。それはあながち間違ったものではないと言えるでしょう。それでも、朝というのは何時に起きればいいのでしょうか。3時や4時ということになればストイックすぎるといったことにもなるでしょう。新聞配達か僧侶のようにもなってしまいがちです。それでは5時6時ではどうでしょうか。それくらいの時間に起きている人はいるにはいますが、そこにおいては、標準的すぎるがゆえの問題といったものもありそうです。

  • 自分を休ませる練習とは?

    世の中を生きるにあたって余裕がないという嘆きを抱える人は多いでしょう。それは時として、大きなストレスとなって自分に襲いかかってくることもありそうです。そこにおいて、必要なものは適度に自分を休ませていくということではないでしょうか。

  • 手ぶらで生きる方法とは?

    断捨離といったものがブームになって久しいです。常に、自分の身の回りを見渡してすっきりとさせてみるといったことは、ひとつの方法として模索されてみても良いでしょう。

  • 何もない部屋で暮らす?

    部屋がもので溢れていて困ってしまうという人は多いでしょう。理想なのは何もない部屋で暮らすこと、と考えている人もいるかもしれません。そうしたシンプルな暮らしを送ることに憧れている人にとっておすすめな本がミニマルライフ研究会による『「何もない部屋」で暮らしたい』(宝島社)です。

  • 減速した生き方とは?

    生き方というのは速度に例えられることがありますね。スピードの早い生き方、行き急ぐ生き方といったものですね。そうした人は、それを選んだとはいえ、どこかもったいないといった思いもありますよね。特に、著名人で早くして亡くなってしまった人には、速度の問題はついてまわります。

  • 10年後後悔しない自分を選ぶ

    目先のことを考えて行動をすべきとはよく言われていることです。とはいっても、やはり仕事が忙しい人にとっては、目先のタスクを片付けるのに精一杯という人もいるでしょう。さらに未来予測といっても、どの程度までの未来を見通せばいいのかもわかりませんよね。

  • 禅の思考に学ぶ

    現代社会は、ストレスとは無縁ではいられません。場合によってはメンタルを病んでしまうといったこともあるでしょう。そうした時に求められるものはなんでしょうか。多少のことではへこたれないための図太い思考ではないかと思います。

  • 週末は心をリセット

    生活サイクルは毎日のように忙しく目まぐるしく動いているわけで、心の余裕がなくなってしまう人は少なくないでしょう。それは単にネガティブな感情が揺れ動くばかりでなく、平日の仕事にも影響が出てしまうことは必至です。それは決して健全であるとは言い難い状態ですね。そんなときには週末を使って気持ちをリセットする、リフレッシュするといったことが求められます。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »