ナリワイの作り方とは?

ナリワイと呼ばれる言葉があります。感じで書けば生業ですね。せいぎょうとも読めます。生きる仕事といった意味として取ってもらって良いでしょう。

人生を盗まれない

この生業について記された本が伊藤洋志による『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』(東京書籍)です。本書では、生きる仕事ではありますが、それはビジネスでもワークでもないと記されています。さらには趣味でもありません。よく趣味が高じて、それが収入へとつながってゆくといった人もいるでしょう。そうしたイメージとして生業がとらえられがちですが、実際にはそういったものではありません。

身につける

本書の副題についている通り「人生を盗まれないため」の所業が生業であるといえるでしょう。「かわりはいくらでもいる」「同業他社が多すぎる」「価格競争が激しすぎる」ビジネスを展開するにあたって、そうしたネックというのは常につきまとうものです。しかしながら、そうした競争から離れて、自分だけの個性を探求してみればどうでしょうか。それがわずかであってもお金に代わるということであれば、ひとつの喜びとして感じられるのも確かでしょう。

競争ではない

本書では競争ではない生き方というものが提唱されています。非バトルタイプというのは一定の需要があるものですね。オリジナルではなく、ひとつの新しい生き方を獲得したい人にはおすすめの本です。