朝30分を続ける重要さ

将来に備えて何かをしたいと考えている人は少なくないでしょう。その準備は、どうすれば効率の良いものともなるでしょうか。そうした疑問に答えてくれる本が古市幸雄による『「朝30分」を続けなさい!』( (PHP文庫)です。

朝の効果は抜群

朝というのは頭がしゃきっと冴え渡っていますから何か集中力を発揮したい時には、最適な時間帯と言えます。さらに、ここにおいては、どうすればいいのかという時に、まず朝の時間というのは、誰しも限りあるものとして考えられていますよね。そこにおいては、きちっとやりたいことをやるということが決まっているので、効果的に動けるという期待もあるでしょう。夜ならば、だらだらやればいいやとなってしまいますが、朝というのは言ってしまえば切羽詰まっている分、何かしらの結果が期待できるのはあるでしょう。

どうすればいいのか?

もともと著者は新聞社のカメラマンを経てベストセラー作家になっています。いわば異業種への転身というわけですが、それを見事に成功に導いたのは、朝の勉強法にありました。目標に向かって頑張るというのは、まず言葉として口にするのは容易です。なんとなく内容はわかっているとしても、なかなか実践へと移すのは難しいものとして考えられがちです。しかし、時間の使い方や方法を工夫するだけで、見違えるように世界が変わっていく体験もあるのだと本書を読めばわかるでしょう。