週末は心をリセット

生活サイクルは毎日のように忙しく目まぐるしく動いているわけで、心の余裕がなくなってしまう人は少なくないでしょう。それは単にネガティブな感情が揺れ動くばかりでなく、平日の仕事にも影響が出てしまうことは必至です。それは決して健全であるとは言い難い状態ですね。そんなときには週末を使って気持ちをリセットする、リフレッシュするといったことが求められます。

何が良いのか?

長谷川エレナ朋美による『自分と丁寧に向き合う週末セルフリトリート:日常から離れて心と体をリセットする31のワーク』(大和書房 )は美ライフクリエイターとして知られる著者による、週末の過ごし方の指南書というべき本です。本書では週末の活動を「自分とのアポイントメント」と記しています。これは対象が自分ではありますが、れっきとした予約であり、約束なわけです。こうした楽しみがあれば、週末までどう過ごせばいいのかといった平日のモチベーションにも結びついていくでしょう。

スケジュール調整法

本書ではスケジュールの方法についても記されています。優先順位をどうつけて処理していくのか、あるいはスケジュールの断捨離をどのようにしていけばいいのかといった方法について記されています。さらには人間関係のグループ分けなどについても記されているので、周りの生活環境はもちろんのこと、人間関係を改めてとらえ直したいという人にとっても役立つ本となっています。