文芸・小説

小説、日本文学など文学に関する情報を紹介しています。

  • テイルズウィーバーの原作者が描く新小説「ArcheAge」とは

    大人気オンラインゲームテイルズウィーバーは、140万部を突破した「ルーンの子供たち」というファンタジー小説が原作となっています。今回は、テイルズウィーバーの原作者が描く話題の新小説「ArcheAge(アーキエイジ)」を紹介します。 ■作者はテイル

  • ゲーム好きにはたまらない! 人気オンラインゲームの原作小説「ArcheAge」がおもしろい!

    ゲーム好きにはたまらないおすすめのファンタジー小説があります。それは、人気オンラインゲームの原作小説ともなっている「ArcheAge(アーキエイジ)」シリーズです。今回は、「ArcheAge」シリーズのおもしろさを紹介します。 ■「ArcheAg

  • 桐島のDVDが発売されるってよ。

    昨年、日本で最も話題になった邦画は数多くあります。その中でも特に話題になったのが「桐島、部活やめるってよ」です。どこの映画雑誌を見ても1位を飾っている本作ですが、いったいどのような映画、小説なのでしょうか。今回は先日DVDが発売された、「桐島、部活やめるってよ

  • たまには文学してみませんか?

    先日、第148回芥川賞、直木賞が発表されました。芥川賞は純文学系の新人作家に与えられる賞で、直木賞はエンターテイメント系の中堅作家やベテラン作家に与えられる賞です。普段小説を読まなくても、芥川賞・直木賞のニュースは興味を持って見る人も多いことでしょう。今回は「

  • 2013年の受賞作が決まる前に「本屋大賞」について知っておきたいこと

    全国の書店員がいちばん売りたい本を選ぶという趣旨で、2004年から開催されてきた「本屋大賞」。受賞作や候補作が毎年ベストセラーになるなど、文芸書の復興に一役買っています。面白そうな小説を探す際に、この賞を指標としている人も多いかもしれません。現在、第10回目の

  • 『桐島、部活やめるってよ』 −スクールカースト崩壊とその後を俯瞰できる作品−

    話題の邦画「桐島、部活やめるってよ」。2012年も後半に差し掛かかったところで出てきた今年一番の話題作が出てきました。日本の青春映画史でまれに見る傑作と称される本作は、早稲田大学在学中の20歳の大学生のデビュー小説が原作となっています。とある進学校を舞台とし、

  • ススキノを舞台に巻き起こる、ハードボイルドな探偵物語。

    ススキノにある小さなバーを根城にしている"探偵"の元に、ある時"コンドウキョウコ"と名乗る女性から依頼が入ります。いつもの様に調査に乗り出した"探偵"は、やがてとんでもない事件に巻き込まれていきます。大泉洋さん主演で映画化もされた、ハードボイルドで、ちょっとバ

  • 「桐島、部活やめるってよ」その一言から崩れ始めた、高校生たちの日常

    舞台は、とある高校。バレー部のキャプテンである桐島が、突然何の前触れもなく部活をやめてしまいました。何気ない事のように思えたのですが、彼が辞めた事により、影響を受けてしまった5人の高校生がいたのです。著者が大学在学中にすばる文学新人賞を受賞し、2012年8月1

  • 心で感じてほしい一冊。ふたりの女性の関係を描いた物語

    朝吹真理子原作のきことわ。多くの審査員が絶賛しての芥川賞受賞作ということで話題にもなったこの本。題名の『きことわ』とは、ダブル主人公ともいえる二人の女性、永遠子と貴子のことです。絡まりあう二人の時間をあらわした題名にも受け取れます。では、一体どのような物語なの

  • 史上最弱にして最強? の安楽椅子探偵現る!

    「わざわざ、ごっ、ご足労を……わたし、店長の篠川栞子です」『ビブリア古書堂の事件手帖』は実在する書籍を物語の軸にした4つの短編からなる小説です。舞台は鎌倉にあるビブリア古書堂。店長の篠川栞子は、古書店のイメージとは合わない綺麗な女性。しかし、人と話す事が大の苦

  • 戦時下で生きることを諦めなかった一人の青年と、彼を取り巻く人々の物語「永遠の0」

    多くの命が消え、残された人々の心に大きな傷跡を残す、戦争。戦争へ向かった、一人一人の兵士に、それぞれの事情と、物語がありました。今回紹介する本は「生きたい」と願いながら、それが叶わないことが多かった当時の日本で、妻との約束を胸に、生きることを諦めなかった一人の

  • まだまだ話題の1Q84。文庫本全6巻が刊行

    2009年に第1巻の単行本が発売された村上春樹の1Q84。そして2012年、文庫本として3カ月連続刊行され、5月に文庫本全6巻が出揃いました。読もうかどうしようかと二の足を踏んでいたけれど、持ち運びのしやすいサイズで、さらにお求めやすい価格になったことで、手に

  • 「博士の愛した数式」の作者が描くチェスをめぐる物語

    チェスを題材にした文学は世の中に多くありますが、ただのチェス対決では終わらない物語、それが「猫を抱いて象と泳ぐ」です。作者は「博士の愛した数式」で有名な小川洋子氏。今回は静謐で美しい物語を紹介します。 ■チェスの天才、リトル・アリョーヒン リトル・アリ

  • 村上春樹と「走ること」の関係とは

    デビュー作「風の歌を聴け」を執筆したのは1979年30歳。当作でセンセーショナルなデビューを果たした作家の名は村上春樹といいます。現在では世界的に名の知れた作家ですが、かつては賛否が極端に分かれていました。芥川賞にノミネートされるものの受賞するには至りませんで

  • 訪れるお客さんは変わった人だらけ?!真夜中が焼き立てパン屋さん

    「真夜中のパン屋さん」は全六編から成る短編小説集です。舞台は主人公が突然、居候することになったパン屋さん。そのパン屋さんに来るちょっと変わった常連さんが織り成すストーリー(大騒動)は必見。昨年は王様のブランチにも取り上げられた人気の本作を紹介します。

  • フリーターには耳が痛いかも?!映像化で話題になった、おすすめの小説5選

    映画界やテレビでは、人気が出た書籍を原作としてを映像化するパターンが非常に多いです。また、先に映像が話題になって本が売れるということもあるようです。今回はそんな映像化作品の中でもジャンル問わず、話題になったおすすめの5作品を紹介します。 ■フリー

  • 直木賞受賞作家による、ボクっ娘×宇宙人な不思議系小説!

    『私の男』で直木賞を受賞した桜庭一樹さんが、中学生の青臭さ、いわゆる「中二病」に真正面からぶつかった『推定少女』。「大人になんて、なりたくない」「愛って何なの?」「親ってむかつく」そんな感情を一度でも持ったことのある人におすすめです! ■事件発生

  • キュン死必至!人気作家・有川浩の、自衛隊×○○な三部作

    人気作家・有川浩のデビュー三作品は、ファンの間で通称「自衛隊三部作」と呼ばれる、陸空海の自衛隊を舞台にした小説です。それぞれの小説には、彼らが倒すべき「○○な何か」とバトるSFアクションな側面と、思わず恥ずかしくなるような恋のはじまりが絶妙なバランスで描かれて

4 / 4 « 先頭 1 2 3 4