文庫解説の楽しみ

文庫本にはだいたい解説文というものがついています。中には解説文なしの文庫本もありますが、ほとんどの文庫本には解説文があります。解説文というのは文庫ならではのコンテンツであるといえるでしょう。


誰が書いているのか?

文庫の解説というのは、さまざまなタイプの人たちが書いています。昔の文庫の場合は、大体は筆者よりも先輩格の作家が書いていたり、文芸評論家が書いていたりといったパターンが多いです。その本の内容を、権威のある人が評価し、保証するといった意味合いがあったのでしょう。

自由な解説も

ところが、最近の文庫本の解説というのは、そうしたこれまでの文庫の解説のルールをはずれた自由な解説が見受けられます。タレントやアイドルといった芸能人が書いていたり、中には作者のファン代表として書店員が書いていたりといったパターンがあります。さらに、文芸畑とは別のライターが、そのライターの得意分野をもとに書いているといったこともあります。むしろ、こうした解説の方が楽しみが広がるかもしれません。

インタビュー記事なども

さらに、文庫化される作品というのは映画化されたりドラマ化されたりといったメディアミックスも行われています。映画の主演俳優や女優のインタビュー解説などが収録されることもあります。

「ブックオフで古い本を探す方法」の詳細を調べる

    
コメント