本棚の整理法

本というのは物質的なスペースを占拠するものです。気づけばあっという間にたまってしまうこともあります。かといって思い切って本を捨てるというのもしのびないという人も多いでしょう。本というのはそれだけ物自体にフェティッシュな愛情が湧いてくるものです。特に美術書や画集といったものは、装丁やサイズにも凝ったものが多く、それ自体が一つの作品のようになっているものもあります。本を整理するにはどうすればいいでしょうか。


必要な記事だけを取る

まずかさばるものの代表格として雑誌があります。その雑誌でとっておきたいものというのは、実は一部だけだったりしないでしょうか。特定の人の連載や、特集だけを取っておきたいという場合には、スクラップをするなり、切断をすると良いでしょう。特に文芸誌などの背表紙がしっかりとした本はのりづけがきちんとされていますので、一部を切っただけでもページがバラバラになることはありません。

単行本を文庫にする

小説などの単行本を多くそろえている人は、文庫として出ているかをチェックしましょう。もし文庫版が出ていたならば、思い切って単行本を処分してしまうというのも手です。ただし、単行本の装丁が気に入っていたり、単行本と文庫本で内容が大きく異なる場合などでは単行本を持つ必要があります。ですがほとんどの書籍は単行本の内容がそのまま文庫本となっていますから、スペース節約のためにも換えて見るというのもひとつの手でしょう。さらに最近では電子書籍として発行されている場合もありますのでチェックしてみると良いでしょう。

図書館にある本か?

さらに究極の本の整理術としては、図書館でいつでも読める本かということも注目しておくべきでしょう。読み返すことはないのだけれども、資料などで必要になりそうな本は、図書館でいつでも手に入るものか、あるいは古本屋で安価で手に入るものかということを見極めておくと良いでしょう。その場合、スペースの整理ということを優先し、よほどの愛着のある本以外は処分してしまうのもひとつの手ではないでしょうか。

「ブックオフで古い本を探す方法」の詳細を調べる

    
コメント