中上健次はどのように誕生した?

中上健次は、1946年生まれの芥川賞作家です。1992年に46歳の若さで没しています。中上は戦後生まれ初の芥川賞作家として知られます。さらに、故郷の紀州を舞台とした「サーガ」と呼ばれる物語群を記しました。


来歴を知る

中上健次に興味を持つ人は多いです。やはり青少年期の鬱屈を描いた『19歳の地図』といった名作に出会うきっかけが用意されているためです。そして、中上健次の描く鬱屈した世界観が特定の時代にのみ受け入れられるものではなく、普遍的なものであったためでしょう。そうした中上健次の来歴を知るにあたって最適な一冊が、高山文彦による『中上健次の生涯:エレクトラ』(文春文庫)です。

『岬』まで

本書は、中上が自身の血筋を描いた『岬』によって芥川賞を受賞するまでの経歴が追われています。いわば、中上の作家人生において前半期の集大成というべきところまでが記されています。そこにあるものは、若き日の中上健次が、作家を目指して同人誌で切磋琢磨する様子や、さらに編集者から何度も書き直しを求められる様子などがつぶさに記されています。さらに犯罪者としてピストルで4人を殺害した永山則夫への共感、あるいは憎悪についても記されています。これらのような初期の青春小説を通して中上健次に出会った人ならば、共感を持って読むことが可能となるでしょう。本書を読めば年表だけでは見えてこない、中上の真の姿が浮き上がってきます。

    
コメント