換算枚数とは何か?

小説の新人賞などの応募要項に、「ワードなどのテキストデータでの原稿の場合、400字詰め換算枚数を明記」といったものがあります。これは、どういう基準なのでしょうか?


文字数ではない?

まずある勘違いとして、400字詰め換算枚数は、全体の文字数ではないということです。4000文字を書いたからといって、それはイコール400字詰め原稿用紙10枚分というわけではありません。

レイアウトのおおよその基準

400字詰め換算枚数とは、改行などを含んだ枚数をさします。短い会話文などが続く場合には、ほとんど文字数がありませんが、それでも、400字分に達したならば、1枚とカウントされます。なぜこうしたカウントをするのかといえば、書籍化をする場合におおよそのレイアウトの文字数を把握するためです。

ソフトの設定は?

400字詰め換算枚数を出すにはどういうツールを使えば良いのでしょうか? ワードなどのワープロソフトでは文字数をカウントできますが、400字詰め換算枚数を正確に出すことはできません。ですから、レイアウトの文字数にあわせておおよその枚数を出していくと良いでしょう。40字の30行ならば、1ページは1200字ですから、400字詰め換算枚数は3枚分となります。

    
コメント