野坂昭如「絶筆」の世界

作家の野坂昭如さんが2015年12月に85歳でなくなりました。野坂さんは2003年に脳梗塞で倒れて以降はリハビリを続けながら文筆活動を続けました。そのメインの連載のひとつが2007年から「新潮45」(新潮社)に連載された「だまし庵日記」でしょう。この連載原稿は死の数時間前まで書かれており、このすべての連載と、複数のエッセイを収録したものが「絶筆」(新潮社)です。


自分を語る人

野坂昭如さんの小説というのは実体験をベースにしたと思われるものが多くありました。戦火を終われ、妹を亡くした体験を記した「火垂るの墓」は、直木賞を受賞しました。さらに戦後の混乱期を生き延びた様子や、放送作家となりCMの作曲家や、ラジオ番組制作を手がけるなど業界人として活躍した様子も小説として記されています。これらの小説のもとになる見たままの体験をつづったものが日記だったのではないでしょうか。

日本が変わる

野坂さんが「新潮 45」に日記を連載していた時期の日本はめまぐりしく情勢が変わっています。2009年には自民党から民主党への政権交代が起こり、2011年には東北、関東地方を大きな地震がおそいます。野坂さんはこれらの大事件を、事件としてとらえながらも、少し俯瞰した目線からとらえます。それは、戦後の混乱期に比べれば、といった年長者の見方であったのかもしれません。野坂昭如さんの人生が日本の戦後史そのものであったともいえるでしょう。

「オバマ氏、村上春樹氏も使う心を感動させる技術とは?」の詳細を調べる

    
コメント