戦時下で生きることを諦めなかった一人の青年と、彼を取り巻く人々の物語「永遠の0」

多くの命が消え、残された人々の心に大きな傷跡を残す、戦争。戦争へ向かった、一人一人の兵士に、それぞれの事情と、物語がありました。今回紹介する本は「生きたい」と願いながら、それが叶わないことが多かった当時の日本で、妻との約束を胸に、生きることを諦めなかった一人の青年と、彼を取り巻く人々の物語です。


あらすじ

主人公『佐伯健太郎』の祖父『宮部久蔵』は、太平洋戦争において、特攻隊で命を落としました。あることをきっかけに、今まで明らかにされていなかった祖父の本当の姿を調べることになった主人公。戦争当時の祖父を知る人々から語られるのは「臆病者」「卑怯者」と彼を罵倒する言葉の数々。その一方で、「天才的な飛行技術」「優秀なパイロット」という好評価。

戦争で命を失うことが、正しく、美しいことだとされていた当時、ゼロ戦に乗りながらも「生きて帰る」と言ってはばからなかった祖父は、本当に憶病者だったのだろうか……。さまざまな話から浮き彫りになっていく祖父の真実の姿。目標を失いかけ、無気力になっていた主人公は、人々の語る祖父の物語を聞いていくうちに、その心に少しずつ変化が生まれます。

まとめ

緻密な取材の基に書かれたであろう、登場人物たちのリアリティある語り口は、戦争に詳しくなくとも読みやすく、理解しやすい文章になっています。戦史や歴史が苦手な人にも、ドラマとして十分な読み応えがある一冊です。

戦争へ向かう彼らは、何を思い、何を見たのか。真実が明らかになったとき、静かで深い感動が生まれます。ラストの驚きと感動をぜひ味わってください。

「永遠の0(百田 尚樹)」の詳細を調べる

    
コメント