「台湾生まれ日本語育ち」の世界

温又柔の「台湾生まれ日本語育ち」は、文字通り台湾生まれの小説家によるエッセイです。温又柔は、1980年に台湾に生まれ、3歳の時に父親の仕事の都合で日本へ移り住みます。以来、現在に至るまで、日本に住み続けています。


言葉は喋れる?

温又柔は子供の頃は、台湾の言葉を理解していたようですが、徐々に忘れていってしまったようです。ですが、高校に入ると、外国語の授業がありました。そこで中国語を選ぶと、音で覚えていることがわかります。さらに、日本の中国語で学ぶ北京語ではなく、台湾語をしゃべっていたので、南方なまりの中国語を喋ってしまったそうです。台湾の言葉は南方のなまりに近いためです。日本人が中国語を学ぶ時は、ローマ字で発音を記したピンインと用います。しかし温又柔は、音で覚えているのでピンインは苦手のようです。日本人が中国語を勉強する時、どうしても漢字の意味を追いかけてしまうのですが、むしろ音で覚えた方がわかりやすいのかもしれません。

小説は日本語で

温又柔は、台湾と日本の間にあるものをテーマとして、小説を書きデビューします。以来、日本語と台湾語、中国語の間でものを考えつづけています。日本語で小説を書く人は日本人とは限らないのです。現代日本小説のハイブリッド化、グローバル化であるとも言えるでしょう。

「ブックオフで古い本を探す方法」の詳細を調べる

    
コメント