出版志望者は東京へ

出版不況がさけばれて久しいですが、将来は本や雑誌を作る仕事に関わりたいという人はそれなりにいるのではないでしょうか。その場合、必至の行為があります。それが上京、東京へ来ることです。


なぜ東京なのか?

なぜ東京へ来ることが必要なのかといえば、ほとんどの出版社が東京へ一極集中しているからです。もちろん、名古屋や大阪など、大都市にも出版社はあります。それらの会社は地域密着型のガイドブックや雑誌などを出していたりといったところなので、仕事の幅が限られます。

規模が小さい

さらに出版社というのはメディアの中では規模が小さな部類になります。放送局ならば、地方にもあります。新聞社もそうでしょう。ですが、出版社はやはりほとんどが東京へ集中していますので、まず東京へ来るということが必要です。

編プロも東京集中

さらに出版社から、下請けの仕事をもって編集作業を行う編集プロダクションもほとんどが東京へ集中しています。出版社は狭き門なので、まずは編集プロダクションで修行をするという手もあります。ですが激務薄給のため、とてもハードな仕事です。

「野坂昭如文体とは?」の詳細を調べる

    
コメント