ちびまる子ちゃんの声は本人そのもの?

ちびまる子ちゃんは国民的なアニメといえるでしょう。小学校3年生のまるこの日常生活が描かれています。この作品は作者であるさくらももこの自伝的要素がある作品と言われています。


声優と一緒?

ちびまる子ちゃんの声を担当しているのが声優のTARAKOです。実は、このTARAKOさんの声は、さくらももこ本人にそっくりであると言われています。作者自身の体験を描いた漫画、アニメの声優として、作者にそっくりな声優の声が採用されているのです。ちびまる子ちゃんのキャラクターは、どこか皮肉屋めいていて、妙に達観したようなところがありながら、肝心なところは頭が抜けていて子ども、という人物像です。イメージがぴったりということもあるのでしょう。

声はどこで確認できる?

さくらももこは、顔出しをしないことで知られる作家です。理由のひとつとして自伝的な作品のため、作品のイメージとのギャップをださせないようにするという意図があるようです。一方で、私生活がすべて秘密になっているというわけではなく、彼女は出産や子育てなどのエッセイを記していますが、自身の姿は見ることができません。しかし、さくらももこの声は確認することができます。1990年代のはじめに、「さくらももこのオールナイトニッポン」が放送されていたため、声は公開されているのです。その声は、ちびまる子ちゃんそのもの、TARAKOそのものというべきものです。

「永沢君のストーリー」の詳細を調べる

    
コメント