人生で大切なことは全部アニメから学んだ

学びたいという姿勢さえあれば人は、たとえ子供でも学べることはあると成功者した人はよく言うそうです。でも同じ学ぶならば、できれば苦しいよりも楽しく学びたいというのが本音ではないでしょうか。そこで今回はアニメを題材にした本の中から、人生を生き抜くために大切なテクニックをご紹介します。


■「ワンピース」のルフィから学ぶ仲間の集め方

「ルフィの仲間力(安田雪)」の詳細を調べる

ワンピースのルフィたちの麦わら一味のような仲間がいたら人生は楽しそうですよね。そんな仲間を集めるためのポイントを紹介します。

◆仲間の集め方
自分から夢を持って、自ら旗を掲げます。それから自分たちに欠けているもの、夢を共有できる人、他者を大事にできる人を仲間に選びましょう。決して損得勘定で仲間を選んではいけません。

◆人との付き合い方
相手の立場に臆してはいけません。外見や階級に偏見を持たず、偶然会った人や目の前にいる人を大事にしましょう。またもし過去に何か引きずるような出来事があった相手でも、気にしてはいけません。第三者を介して、仲直りしましょう。

■「ドラえもん」ののび太に学ぶ夢の叶え方

「「のび太」という生き方(横山 泰行)」の詳細を調べる

のび太は一見するとダメ人間ですが、それでも将来しずかちゃんと結婚したりと成功していますね。どうすればのび太のようなダメ人間でも夢を叶えられるのか、そのポイントを紹介します。

◆自分の夢でまわりを感動させる
みんなの幸せを願うのび太の優しさが見えるから、仲間たちは手を貸してくれます。「自分の力で切り抜けよう」と心掛けて行動していると、「たとえ失敗してもいいか」と思いながら仲間がサポートしてくれています。

◆夢を明確に伝える
誰にでも納得できるような明確な目標があればサポートを受けやすくなります。実現したい目標がほんとうにやるべきものならば、いい仲間も集まってきていい成果が出やすくなります。

◆夢は叶うと信じきる
もしも協力者がいても自分が諦めたら夢は実現しません。「絶対に自分で叶えるんだ」と夢に取り組ましょう。諦めない意志を強力に持ち続けましょう。

■「ガンダム」から学ぶ若手を即戦力に育てる秘訣

「ガンダムが教えてくれたこと(鈴木 博毅)」の詳細を調べる

ガンダムのアムロは序盤は口ばっかりで頼りなかった男の子が、なぜ最後にはたくましく成長を遂げることができたのか。その成長できたポイントを紹介します。

◆環境さえあれば若手は育つ
ガンダムさえあれば、パイロットが才能あるアムロでなくてもよかったのです。つまり優秀なパイロットの素質を持った若手がくることを期待せず、教育環境を育てあげることが大事なのです。

◆セーフティー機能もつける
もしも若手を育てるために最初に厳しい環境へ入れるなら、しっかりと若手を最新鋭のガンダムに乗せるように守ってあげることも上司には大事なことです。突き放すだけではなくそっと守ってあげましょう。

◆若手に自己効率感を与える
自己効率感とは、自分が役に立てていると感じることです。ブライト長官はアムロに対して厳しいだけではなく、ガンダムに乗せて結果を出しやすい環境を作っていてあげて、自己効率感を与えていました。

■「カイジ」に学ぶ修羅場のくぐり方

「カイジ逆転の心理学(内藤誼人)」の詳細を調べる

カイジは借金だらけの堕落した人間のようですが、逆境になったときこそ、その強さを発揮します。彼がなぜ修羅場に強いのか、そのポイントを紹介します。

◆自分の未来は自分できめろ
自分で物事を決定し、その責任を背負うことによって、人間は初めて精神的に強くなれます。人生の節目では、限定ジャンケンでのカイジのように「自分の人生は自分で決める」と腹をくくって決心をしましょう。

◆敵の口車に乗らない
もしも1回でも相手の要求に乗ってしまうと、イメージが崩れるのがいやで断ることができません。Eカードでのカイジのように簡単に初志貫徹を貫きましょう。

◆要求には交換条件で応酬しろ
たとえ立場が下であっても、こちらから相手に交渉や提案をするのはまったく失礼なことではありません。バイト先で窃盗を疑われ、店長に鞄を見せろと要求されたカイジは、代わりにギャンブルを要求して対抗して見事切り抜けました。

あなたもアニメからさまざまなことを学び、物語の主人公になったつもり人生を楽しみましょう。きっと楽しい人生が待っていること間違いありませんよ。

    
コメント