実は深いバカボンの由来

バカボンは、赤塚不二夫とフジオ・プロによるギャグ漫画『天才バカボン』に登場するキャラクターです。バカボンは一家の長男ですが、それよりもバカボンのパパの方がよく知られるキャラクターと言えるかもしれません。


バカなボンボン?

バカボンの由来は、バカなボンボン、おぼっちゃんといった由来があると思われがちです。バカボンのバカは、頭が悪いといった意味を持つバカではないのかと思いきや、実はそうではありません。

梵語だったバカボン

実は『天才バカボン』のバカボンの語源は、梵語の「薄伽梵(ばきゃぼん)」に由来するといわれています。梵語とはインドで使われていたサンスクリット語になります。日本においてもお墓の卒塔婆の上に書かれている文字は、梵字はサンスクリットを表記するための文字として知られています。なんだかとても深い意味があるように思えますね。

どんな意味?

それでは薄伽梵(ばきゃぼん)とはどのような意味を持つのでしょうか。これは仏や仙人、貴人などを現す言葉であると言われています。ただ、こちらの話は後付けで出来たようで、最初はただめちゃくちゃな話を作っていたら、実は深い話になっていったといった経緯もあるのかもしれません。実際この作品は、主人公であるバカボンよりも脇役であったバカボンのパパが目立ってしまう作品でした。こうしたところからもわかる通り、作品は生物であり、人生もちょっと先はどうなるかわからないといった奥深い世界が描かれたものだとも言えるでしょう。実際、作品に出てくる「これでいいのだ」は悟りの境地を示しているという解釈もありますし、レレレのおじさんもお釈迦様の弟子として掃除をしていた人物をモデルにしているとも言われます。こうした深い読み解きも、漫画の味わい方のひとつでしょう。

    
コメント