漫画家になって成功する!少年たちが抱いた夢(バクチ)の行方を描いた「バクマン。」

成功する漫画家になれるのは何十万人に一人と言われています。漫画家を目指している若者のうち、ほとんどはただのバクチ打ち。今回ご紹介するのは、「漫画家になって成功する!」、そんな大きな夢を抱いた少年たちの物語。果たして彼らは成功者になれるのでしょうか。


漫画家を目指すふたりの少年の物語

幼いころから抜群の画力を持ちつつも、ある理由から平凡な人生を歩むことを甘んじていた少年『真城最高』。ある日、成績優秀のクラスメイト、『高木秋人』に「自分が原作、お前が原画。二人で漫画家になろう」と誘われます。
 
突拍子もないような話に、はじめは抵抗していた『最高』でしたが、初恋の人『亜豆美保』と交わした約束を果たすため、漫画家となる決意をします。
 
漫画家の成功者になるべく歩き始めた二人を待ち受けるライバルたち。立ちはだかる理想と現実のギャップ。苦しみながらも成長し、着実に夢へと近づいてく二人に目が離せません!
 

漫画家のリアルな現場

言わずと知れた『DEATH NOTE』の黄金コンビが描くこの作品。単純な漫画家育成物語と思ったら大間違い。恋に友情に仕事に。見どころは盛りだくさん。何より注目なのは、リアルな『漫画制作過程』。
 
作品を生み出す苦しみから、編集者との白熱したやり取り。これを読んだらきっとあなたも思うはず。「漫画ってこんな風に作られるの?」漫画の制作背景を知ったら、明日からあなたの漫画を読む目が変わるかも!?
 

「バクマン。」の詳細を調べる

    
コメント