チャーリー小林とは誰か?

長寿漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は「こち亀」の愛称で知られています。この作品には、メインのキャラクターのほかにも、サブキャラクターが忘れたころに登場することで知られています。その一人がチャーリー小林でしょう。


どんな人?

チャーリー小林は長髪で、メガネをかけた売れないミュージシャンです。ヘビメタスタイルになったり、フォークシンガースタイルにしたり、あるいは過激なパンクバンドスタイルになったりと、さまざまな音楽性を模索しますが、いずれも泣かず飛ばずです。両さんのアドバイスにしたがってすべてが裏目に出てしまうという情けないキャラクターです。

小林よしのりがモデル

チャーリー小林のモデルは漫画家の小林よしのりと言われています。長髪、痩身、メガネという初期のチャーリー小林の造形は、当時の小林よしのりそのものです。実は「こち亀」の作者である秋本治と、小林よしのりは同じ時期に『週刊少年ジャンプ』でデビューした同期組です。芸人の世界などで同期の結びつきが強いように、漫画家の世界においても、同期というのは友情を意識するものがあるのでしょう。小林よしのりは『東大一直線』をヒットさせますが、その後はジャンプとは喧嘩別れのような形で決別してしまいます。時の編集長が暴言を吐いたとも小林は述懐しています。一方の秋本治がずっと同じ雑誌で連載を続けているのとは対照的です。

「トキワ荘時代の漫画連載枠は?」の詳細を調べる

    
コメント