派出所はもうない?

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が2016年9月に、連載40周年、コミックス200巻達成を機として、連載終了に至りました。世界一連載している週刊誌漫画としてギネスにも登録されている作品ですので、これはもうレジェンドというべきでしょう。


派出所はもうない?

そんな漫画のタイトルにはある因果があります。タイトルにある派出所という言葉は、現在は存在しません。当初は警察組織において交番の正式名称として使われており、1994年まで存在していました。ですが、市民にとってわかりにくいということで、派出所を交番とあらためることになったのです。

交番か派出所か

これは漫画の中においても言及され、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」という長ったらしい名前が「こちら葛飾区亀有公園前交番」と一文字短くなることに加え、コミックスの表紙をすべて印刷しなおさないといけないといった苦労話が、両さんから語られました。そのため、漫画ではマジックで交番を派出所と書き換えて、そのままにすることが宣言されました。その後、20年以上にわたり、連載のタイトルは交番ではなく、派出所が使われることになったのです。40年も連載が続いていたならば、こうしたエピソードには事欠かないでしょう。「こち亀」では読者からの年齢などに関するツッコミに「ノーコメント」という形で両さん自らが答える場面も登場しています。

「こち亀、200巻の偉業」の詳細を調べる

    
コメント