こち亀なぜ40年続いた?

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、40年の連載の歴史に幕をおろします。作者の秋本治先生がおっしゃっている通り、読者が入れ替わる少年誌において、40年間も連載が続くのはきわめて珍しい現象であるといえるでしょう。そもそも「こち亀」はなぜ、40年間にわたって続いたのでしょうか。


一話読み切りである

もっとも大きな要素は一話ごとに話が完結するということがいえるでしょう。もちろん、過去の設定が次の話に生かされるということはあるのですが、基本的には読み切りです。「こち亀」では主人公の両さんは莫大な借金を抱えたり、大きな爆発に巻き込まれたりしつつも、なぜだか警察官はクビにならず、次の回にはピンピンしているという不死身に近いキャラクターです。年を重ねるごとに、作者が年を重ねていくという設定も、最初は取られていましたが、途中から意図的に無視されるようになります。これも一話完結だからこそできたといえるでしょう。

キャラクターが増える

さらに「こち亀」には個性的なキャラクターが次々と登場します。最終巻となる200巻の表紙に一緒に描かれている擬宝珠家の面々などは、100巻以降において、重要なキャラクターとなったといえるでしょう。両さんという主人公がいながら、そのまわりにさまざまなキャラクターが生まれ動き、暴れまわるという群像劇こそが「こち亀」の長寿連載の秘訣であったといえるかもしれません。

「こち亀のキャラクターの魅力とは?」の詳細を調べる

    
コメント