こち亀の展開例

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、一話読み切りの漫画作品ですが、それぞれにパターンがあることもあります。ある意味ではギャグマンガの王道パターンにのっとっているともいえますが、そんなパターンをいくつか紹介してみましょう。


1.レースもの

60巻から70巻あたりにかけてよく行われていたネタです。両さんが、中川などとレースに挑戦しますが、あの手この手で妨害工作が来るものです。ですが、それを上回る悪知恵と強引さにより優勝してしまうというパターンが多くあります。機関車レースの時には、ゴム製の線路を持参し、道を進めました。

2.ビジネスもの

別名お金儲けものともいえるでしょうか。両さんは、常に金欠なので、バイトをしたり、新しいビジネスをはじめてお金儲けをたくらみます。勉強が苦手な両さんですが、ここでは才能を発揮します。書店で毎回参考書籍を大量に買い込むシーンが名物となっていました。これもいまならばインターネットで調べたり、電子書籍を購入したりするでしょうから、時代を感じさせます。

3.趣味もの

両さんは多趣味な人間として知られます。プラモデルやモデルガンのほか、時計やレアものグッズといったコレクターの世界を、ビギナーにもわかりやすく紹介する漫画もあります。40巻あたりには兵士の関節人形である「GIジョー」をめぐる話もあります。こち亀から火がついたのか、実際に復刻されるという珍事もありました。

「こち亀の少年時代シリーズ」の詳細を調べる

    
コメント