「さくらの唄」とは何か?

若者の日常生活を描いた青春漫画には多くの名作があります。その名作のひとつにかぞえられるのが「さくらの唄」でしょう。


どんな作品?

「さくらの唄」は安達哲による漫画作品です。1990年から91年にかけて「週刊ヤングマガジン」(講談社)に連載されました。この作品は、作品が進むにしたがって内容が大きく変わっていくことで知られています。単行本は全3巻なのですが、3巻目は内容の関係から成人指定を受けているため、古書店などでもあまり見かけることがありません。

ありえない設定

主人公は、一ノ瀬利彦という高校3年生の少年です。クラスメイトのお金持ちの美女、そして美術の先生にほのかな恋心を抱きつつ、OLをしている姉と二人暮らしをしています。両親は海外赴任のためいません。彼は、絵を描いており美大進学を希望し、美術予備校に通い始めます。自意識過剰なくせに、まわりとの折り合いの付け方もわからず、気持ちが空回りしつつ、そのいらだちを忘れるように仲間との馬鹿騒ぎに興じる。誰もが共感できるような青春の一コマが描かれています。これだけでも青春漫画の味わいのひとつとなりそうですが作品はそこだけにとどまりません。

闖入者の登場

姉と弟の2人暮らしの家に、親戚の夫妻がやってきます。不動産王として地域の地上げをになっているおじさんと、おせっかいなおばさんは、若者にとっては“うざったい”人たちではあるでしょう。やがて、おじさんを通して片思いの相手と、先生と無理やり結びついてしまうというのが物語の骨子です。

破滅してしまう

「さくらの唄」は最後は破滅に至るストーリーだといえるでしょう。最初はのほほんとした青春ストーリーだったのが、途中からありえない展開になってゆきます。これは作者自身が、普通の繊細な青春マンガを書くことを拒否したともいわれています。何度か復刊もされており根強いファンもいますので興味がある方は手にとってみると良いでしょう。

「本当は怖いちびまる子ちゃんのおじいさん」の詳細を調べる

    
コメント