人気漫画「宇宙兄弟」がついに映画化! 宇宙飛行士を目指す兄弟の物語

モーニングで連載中の人気漫画「宇宙兄弟」がアニメ化・映画化されました。映画は実写で制作され、小栗旬さんと岡田将生さんが主演の注目作品です。今世間で話題となっている「宇宙兄弟」の原作となっている漫画をご紹介します。


■主人公は宇宙を目指す兄弟

主人公は幼少の時に、宇宙に行くことを夢見ていた南波兄弟。兄は南波六太、弟は南波日々人。大人になった二人は、弟の日々人は兼ねての願いどおり、宇宙飛行士になった一方、兄の六太は自動車会社のサラリーマンになり、こうして二人は別々の道を歩んでいたのでした。

■兄のリストラから物語は始まる

ある時、兄の六太は、弟の日々人の悪口を叩いた上司に対して頭突きをしてしまいます。そのため、六太は会社をリストラされてしまうのです。そこで途方に暮れてしまった兄の六太は弟の日々人に、幼少期に二人でUFOを見た時に録音していたラジカセを聞くように薦めます。すると、兄の六太は宇宙へ行きたいという気持ちが徐々に再燃してくるのでした。

■宇宙飛行士の試験が始まる

弟の日々人は兄に内緒で宇宙飛行士試験の願書提出を母に頼み、兄は試験を受けることになります。そこでは、伊藤せりかや、真壁ケンジなど共に宇宙飛行士を目指す、魅力的な人物たちに出会い、兄の六太の宇宙への道も進み始めるのです。
 
それぞれのキャラクターの魅力や、素朴な面白さに包まれ、モーニングでも既に人気があったこの漫画。映画を見に行く前に、一度原作を読んでみてはいかがでしょうか。
 

「宇宙兄弟(1)(小山 宙哉)」の詳細を調べる

    
コメント