あの人気作品が実写化! アニメ、ドラマ化されている「未来日記」の原作を確認してみた

漫画「未来日記」が実写化され、ドラマ「未来日記 ANOTHER WORLD」がフジテレビ系列より毎週土曜23時10分から放送されます。このドラマは、未来のことが書かれた携帯電話で閲覧できる日記、「未来日記」を巡る物語です。ドラマの原作となった漫画「未来日記」から、少し物語に触れてみましょう。


■主人公は中学二年生の雪輝

主人公は、周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学二年生の天野雪輝。彼の唯一の趣味は、携帯電話でひたすら、自分以外の周囲に起きた事実をただまとめるという日記をつけることだけでした。そして雪輝の友人といえる存在は二人。時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけでした。ただし、彼らは現実にはいない雪輝の妄想の中の存在でした。
 

■始まりは見覚えのない日記

ある日雪輝が携帯を覗くと、なぜか書いた覚えない日記が書かれていました。すると、日記に書いてある通りのことが現実でも起こったのです!これを利用して雪輝は人生をちょっぴり謳歌していたのですが、ある時、日記に「DEAD END」という気味の悪い文字が浮き上がります。なんと、そこには世間を騒がせる連続殺人犯に、雪輝が殺害されるという未来の出来事が書かれていたのでした。
 

■雪輝に手を差し伸べたのは・・・

連続殺人犯に怯える雪輝に対して手を差し伸べたのは、クラスメイトの我妻由乃でした。彼女も携帯を差し出して、自らが日記所有者であることを告げ、二人で力を合わせて、連続殺人犯を撃退します。ですが、その後雪輝はある事実を知ることになるのです。
 

自らが殺し合いのサバイバルゲームの渦中にいることを。

 
原作はこのように始まります。アニメ化もされ、ついには実写化までされた未来日記。ドラマの内容は原作とは異なりますが、ハラハラ・ドキドキの内容はとても楽しめるなので、読んでみてはいかがでしょうか。
 

「未来日記 (1)(えすの サカエ)」の詳細を調べる

    
コメント