風呂が古代ローマと日本をつなぐ! 阿部寛主演で実写化された漫画「テルマエ・ロマエ」とは?

皆さんは、実写化されて最近上映されている超話題作「テルマエ・ロマエ」をご存知ですか?主演は阿部寛、上戸彩と超豪華キャストとなっており、出演者を見るだけでもどんな作品なんだろうと気になってしまいます。どんな作品なのか、作品のタイトルだけではちょっとわかりにくいと思いますので、今回は原作漫画から「テルマエ・ロマエ」のあらすじをご紹介したいと思います。


■主人公は建築技師のルシウス

主人公は古代ローマ時代に生きるルシウス。彼は、建築技師として働いていました。建築技師として大衆浴場の建設に関わっていた彼の楽しみは、なんといっても温泉に入ること。温泉に入りながら日々を過ごしていたそんなある日、ルシウスは、ローマの温泉から、日本の銭湯にタイムスリップしてしまいます。
 

■タイムスリップした彼に待っていたものは

銭湯にタイムスリップしたルシウスに待っていたのは、彼には馴染みのない日本人。通称『平たい顔族』。彼が日本の銭湯で見て、感じて、体験すること全てが、古代ローマ文化の先を進んでおり、衝撃を受けます。そこでの経験を持ち帰り、古代ローマの浴場建設の仕事に活かして、富と名声を得ていくのです。
 

■物語は短い話の連なり

物語は、ショートショートのように短い話が連なって展開していきます。日本と古代ローマを行き来する中での、ルシウスの風呂に対する入れ込みようなどの絶妙な視点に笑いがこみ上げます。
 
テルマエ・ロマエとはラテン語で「ローマの浴場」という意味。お風呂というだけで日本と古代ローマをつなげたこの作品、一見の価値があるんじゃないんでしょうか。
 

「テルマエ・ロマエ I(ヤマザキマリ)」の詳細を調べる

    
コメント