ネタ・雑学

気軽に読める雑学やおもしろネタ、トリビアを紹介しています。暇つぶしにどうぞ!

  • 都市伝説の定義は?

    都市伝説と呼ばれるものがあります。本当であるかどうかはさだかではないが、ある種の恐怖をともなったいわれがあるものですね。例えば海外旅行先で試着室に入った女性が行方不明になってしまい、最後は無残な姿で発見されるといったものです。

  • スーパーの半額商品利益ある?

    スーパーなどで閉店時間が近づくと商品が割引で売られることがあります。10%引きから20%引きといったものから、半額まで下ってしまうこともありますね。この半額の商品というのはスーパーにとって利益となるのでしょうか。仮に利益が出ているとするならば、それほど原価率が低いということになるのでしょうか。

  • ティッシュなぜ2枚重ね?

    ティッシュペーパーは2枚重ねとなっています。ケチな人などは、これを分解して使っているといったエピソードもありますね。そもそも、なぜティッシュは2枚重ねなのでしょうか。

  • 600ミリペットボトルなぜ増えた?

    最近、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどへ行くとお茶飲料で600ミリリットル入りのものが多く見られるようになりました。かつてならば、500ミリリットルの飲み物が普通でしたが、最近では600ミリリットルのものが増えてきています。これはなぜでしょうか。

  • コンビニ公共料金なぜクレジットだめ?

    コンビニエンスストアで公共料金を支払う場合、クレジットカードの使用ができません。これはなぜでしょうか。

  • イートインは和製英語?

    イートインと呼ばれるものがあります。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで購入した商品を持ち帰らず、その場で食す場所ですね。簡単なお茶のサービスなどが用意されているところもあり、ちょっとしたくつろぎのスペースとしてもよく知られています。

  • 富山なぜ薬売る?

    「富山の薬売り」といえば有名ですね。今も富山の製薬会社が存在します。このルーツはどのようなものなのでしょうか。

  • 人の噂なぜ75日?

    人の噂も75日といったフレーズはよく使われます。これはなぜ75日なのでしょうか。中途半端な時期になりますよね。1ヶ月が30日だとすれば、2ヶ月と少しということになりますし、なぜ3ヶ月ではないのか。あるいはキリよく100日ではないのかといった疑問も浮かぶでしょう。

  • 「輩出」の誤用?

    輩出という言葉があります。ある学校や地域から、有名人などが出たことを「輩出」と言いますね。これは、つい使われがちですが、場合によっては誤用となることもあるので注意が必要です。

  • 未来の人口世界一はインド?

    2019年に中国の人口が14億人を突破すると話題になっています。文字通り、世界最大の人口を擁する国となっていますが、現在は一人っ子政策などが行われているため、将来的に人口減少になると言われています。これは政策としては、効果が出ていることになるのでしょう。

  • サロン、本来の意味は?

    インターネット上で、オンラインサロンが多く設置されています。著名人とオンライン上で交流ができるほか、オフ会なども設定されています。基本的には有料で提供されているところがほとんどであり、いわば会員を集めるシステムであると言えるでしょう。このサロンという言葉は昔からあります。本来はどういう意味で使われていたのでしょうか。

  • ガセネタの語源は?

    ガセネタと呼ばれるものがあります。インターネット上で最近使われはじめた言葉としてはフェイクニュースなるものもあるでしょう。ガセネタもフェイクニュースも基本的には同じような意味合いを持つものだと思われます。これにはどのような語源があるのでしょうか。

  • クリスマスイブ本来の意味は?

    日本では12月25日のクリスマスよりも、24日のクリスマス・イブの方が盛り上がると言います。このクリスマス・イブはなぜ大事にされるのでしょうか。

  • ラッパ飲みのラッパとは?

    ラッパ飲みと呼ばれる飲み方があります。ビン入りの飲料を直接口をつけて飲む行為です。これはなぜラッパ飲みと呼ばれているのでしょうか。

  • 「~スタン」はどういう意味?

    世界地図を眺めていると、中央アジアや中央にかけて「スタン」と名前がつく国が多くあります。これはいったいどういう意味があるのでしょうか。

  • 法廷画家なぜ下手?

    テレビ番組などで裁判の様子などが報じられる時に、絵が使われます。これは日本の裁判所は裁判中カメラで撮影することができず、録音も禁止されているため、中の様子を伝える唯一の手段として絵が使われているのです。この法廷画を描く人は法廷画家と呼ばれています。

  • 「お客様は神様です」本来の意味は?

    世の中には、本来の意味とは違う形で誤用されている言葉が多くあります。そのひとつとして「お客様は神様です」があります。これは演歌歌手の三波春夫さんが語った言葉です。1961年、対談中に発せられた言葉であると言われています。そのため、三波春夫さんが実際は出していない言葉が広まってしまったといった類の誤解ではありません。その言葉自体はあるのです。

  • シュレッダーは再生紙にできない?

    シュレッダーは、業務上外部に漏れてはいけない書類を裁断処理するものです。どこの会社にもあるため、ビジネスシーンにおいては必須のものだと言えるでしょう。

  • USBの歴史は?

    国会議員がUSBを知らないとして話題になっています。その議員はサイバーセキュリティを担当する立場にありましたから、ちょっとしたお笑い草とも言えるかもしれません。

  • 1パイントどのくらい?

    パイントと呼ばれる単位があります。主にヤード・ポンド法における体積の単位です。アメリカとイギリスで使われていますが、両国で数字が異なり、さらにアメリカにも2種類のパイントがあるため、非常にややこしくなっています。

1 / 35 1 2 3 4 5 最後 »