0カロリーは本当にゼロ?

最近では0カロリーをうたう飲み物が多くなってきています。カロリーを気にする人にとってはありがたい飲み物です。ですが本当に0カロリーなのでしょうか。


清涼飲料水のカロリー

清涼飲料水には多くのカロリーが含まれています。多いものだと100ミリリットルあたり、50カロリー近いものもあります。ペットボトルを一本飲んだとすれば250カロリーになります。これはおにぎり二個分くらいのカロリーがありますから、かなりヘヴィーな飲みのです。食事と一緒に飲んでいると、あっという間に1000カロリーを越えてしまうことは必至です。カロリーには要注意といえるでしょう。

本当に0カロリー?

対して0カロリーの飲み物は、どれだけ飲んでも0なので、ヘルシーと思うかもしれません。ですが、0カロリーの飲み物は厳密に言えば0カロリーではありません。食品に関する法律では100ミリリットルあたり5カロリー未満であるならば、カロリーを表示する必要がありません。そこで0カロリーをうたっているのみものが多くあります。本当に0カロリーの飲みものというのは、水くらいしかありません。0カロリーだからといって炭酸飲料やお酒などをたくさん飲んでいれば、その分太ってしまうことは目に見えています。長井秀和さんのネタで「デブはダイエット飲料だと三倍の量を飲む」というものがありますが、それを地で行く展開であるといえるでしょう。

「ホッピー社長の本に経営改革のコツを学ぶ」の詳細を調べる

    
コメント