18きっぷで北海道へ行く方法

北海道新幹線の開業にともない、青春18きっぷに、北海道オプション券が発行されることが発表されました。


青函トンネルは普通列車がない?

北海道新幹線の開業まで、青函トンネルを通る津軽海峡線は、普通列車が運行していませんでした。そのため、途中下車をしないことを条件に特例で18きっぷで特急列車に乗車できる措置が取られていました。今回の、オプション券は、追加料金を支払うことで新幹線に乗れる措置を作り出した形です。これですべて鉄道に乗って北海道へ行くという制度が維持されたことになります。

東北本線は通れない

しかし、青春18きっぷのみを使って、北海道まで鉄道へ行く方法というのは現在は手段が限られています。まず東北本線は、新幹線の盛岡から青森までの部分は、第三セクターとなっているため、通過する場合には別料金がかかります。そのためJRの路線を乗り継いで行く場合は、日本海側を走る上越線、羽越線を経由していかなければいけません。

青森までは行ける

東京を始発で出て、群馬県を通り、上越国境を抜けて、新潟から延々と日本海沿いを北上します。すると当日中に青森まで到着できます。そのあとは青函トンネルを通るか、フェリーで函館まで渡るかして、またまる1日電車をのりついで札幌に到達できます。東京から北海道まで18きっぷで行こうとする場合、まる2日かかるのが現状です。

「旅行・お出かけ情報」の詳細を調べる

    
コメント