1パイントどのくらい?

パイントと呼ばれる単位があります。主にヤード・ポンド法における体積の単位です。アメリカとイギリスで使われていますが、両国で数字が異なり、さらにアメリカにも2種類のパイントがあるため、非常にややこしくなっています。


どこで使われる?

しかしながら、日本でパイントが使われることはほとんどありません。ただ例外として、アイリッシュパブなどでイギリス系のビールを提供するお店においてはパイントが使われることがあります。ハーフパイントや1パイント、あるいはそれ以上の数値で表されますが、いったいどのくらいの量なのでしょうか。

1パイントの量は?

1パイントの量は、イギリスの場合は568ミリリットルです。そのため、1パイントのビールは約600ミリリットルということになりますね。日本でいうと、ビールのロング缶を1本と少しというのが1パイントでしょうか。お酒が弱い人であれば、酔っ払ってしまう量だと言えるかもしれませんね。

沖縄にはパイントが残る?

さらに沖縄県では、牛乳やジュースの容量は、473ミリリットルと、946ミリリットル入りのものがあります。これはアメリカの1パイントと2パイントに相当します。これは沖縄が戦後27年間にわたってアメリカによって統治されていたため、その時代の名残とされています。ふとしたところに、アメリカの文化が残っているのですね。

    
コメント