4色ボールペンはなぜ緑?

4色ボールペンの色のラインナップは、黒、赤、青、そして緑です。黒は外せないとしても、赤、青に次いでなぜ緑となるのでしょうか?


ほかの色は?

ボールペンの色は基本は黒です。2色の場合は、黒と赤となるでしょう。さらに3色の場合は、黒、赤、青の組み合わせとなります。4色の場合、4色目に緑が選ばれているのはなぜでしょうか? 赤、青と来て3色目は黄色ではないでしょうか? 信号の色なども同様です。実は黄色いボールペンはあまり見ません。これは使っていくうちに色が飛びやすいことが関係しています。さらに黄色いインクはチカチカとしているので、文字やマーキングもとても読みづらいです。

なぜ緑が選ばれる?

なぜボールペンの色に緑が選ばれるかといえば、緑は光の三原色のひとつであるため、緑が入っているのでしょう。緑は、心を落ち着かせる色でもありますから、選ばれているのかもしれません。しかし緑を使う場面というのは日常生活ではあまりありません。そのため、4色ボールペンの場合、使っていくうちに、緑だけが突出して残ってしまうことになります。

アレンジしては?

ボールペンは規格が同じものであれば、替芯が使えます。美術用具の画材店などに行けば、色のラインナップも豊富に用意されているので自分だけの4色ボールペンを作ってもいいかもしれません。ほかの色としては紫やオレンジといったものもあります。

「立件不可の新手詐欺“スシスシ詐欺”とは何ぞや?」の詳細を調べる

    
コメント