8月の航空券はなぜ高い?

夏休みを利用して海外旅行を考えている人も多いでしょう。しかし、8月は1年の中でもっとも航空券が高いシーズンのひとつです。これはなぜでしょうか?


旅行シーズン

8月の航空券が高い理由は旅行シーズンにあたるためです日本の場合はお盆がありますが、これは海外旅行にはあまり関係ないように思います。それでも、8月は世界的に旅行をする人が多いシーズンです。欧米人は場合によってはバカンスを取って1~2ヶ月の休みを取ります。そのため、日本のようにお盆前後の航空券がピークで高いというわけではなく、夏のシーズンは全般を通して高いというふうになっています。

狙い目はお盆過ぎ

航空券の値段がピークとなるのは8月上旬から中旬にかけてです。8月も下旬になると航空券の値段は徐々にさがっていきます。さらに9月に入るとだんだんと安くなっていきます。夏の海外旅行を考えている場合、お盆のピークから少しずらして設定するといいかもしれません。日本では秋にシルバーウイークがありますが、その前後は高くなるので避けた方が良いでしょう。

意外と安い時期

航空券は時期によって大きく値段が変わります。お盆と並んで値段のピークとなるのは年末年始ですが、これもごく短期間をのぞけば、航空券の価格は多少安定しています。クリスマス前後に出発する場合は、多少値段が安いので、休暇が調整できる場合は利用してみると良いでしょう。

8月は1年の中で航空券がもっとも高いシーズンのひとつです。日本だけでなく、世界中の人間がバカンスのため移動を行い、結果的に航空券の値段が上昇していくのです。それでもお盆をピークに下がってゆきますから、8月の旅行を考えている場合はスケジュールを少し後ろにずらすと良いかもしれません。年末年始も、クリスマスあたりに出発すれば値段がおさえられます。ポイントはピークから少しずらすことです。

「飛行機ではなぜペットボトルが没収されるのか?」の詳細を調べる

    
コメント