ネタ・雑学

  • 参議院なぜ242人?

    7月10日参議院議員選挙が行われました。参議院は、任期が6年であり、3年ごとに半分ずつ改選されます。今回の改選数は121人でした。そもそも参議院の定員はなぜ242人なのでしょうか? 戦前は貴族院 参議院の前進にあたる機関は、戦前は貴族院と呼ばれ

  • 六八九トリオとは何か?

    作家でタレントの永六輔さんの訃報が7月11日に報じられました。実際は7月7日に亡くなっていたようです。永六輔さんはタレントとしてでなく、作家やエッセイスト、あるいは作詞家など幅広い活躍を見せていました。 六八九トリオとは? なかでも作詞家として

  • 全国区選挙とは何か?

    現在、日本の選挙制度は衆議院が小選挙区比例代表並立制を採用しています。対して参議院は選挙区制度と比例代表制度が別個に行われています。両者の違いは、衆議院の場合、小選挙区と比例代表に重複立候補が可能となっています。そのため小選挙区で敗れても比例代表による復活当選

  • かき氷シロップは戦後?

    夏の定番食品といえばかき氷でしょう。夜店などでシロップかけ放題のかき氷に出会い、シロップをかけすぎて、ビチョビチョになってしまったといった思い出は誰もがあるのではないでしょうか。 昔からあるわけではない そんなかき氷ですが、シロップをかけて食べ

  • 7つある東京の副都心

    副都心という言葉は誰もが聞いたことがあるでしょう。代表的なものは新宿、池袋、渋谷の3つの街ではないでしょうか。これら3つの街は、山手線で縦に結ばれています。ですが、朝と夕方のラッシュはもとより、慢性的な混雑があったため、バイパス的な路線として地下鉄副都心線が2

  • 学校の怪談なぜ生まれた?

    学校の階段話というものがあります。「トイレの花子」さんをはじめ、誰もが知っている話が多くあるでしょう。怪談話というのは、共通項がありながら、地方や学校によってアレンジメントが異なっていることもあり、細かく研究してゆけば面白そうです。 民話ではない

  • 夏の林間学校あるある

    夏といえば、レジャーの季節でしょう。都心部で生まれ育った人は林間学校に参加した経験がある人もいるかもしれません。そんな夏の林間学校あるあると、懐かしい思い出とともにふりかえってみましょう。 キャンプファイヤーの設定無理ありすぎ 林間学校で盛り上

  • チッキとは何か?

    現在、荷物を宅急便で送る場合、ほとんどがトラック輸送で行われています。ですが、かつては鉄道で輸送が行われていました。 チッキとは何か? 中でも日本全国に鉄道網を有する国鉄では荷物の輸送をになっていました。国鉄で荷物を送ることはチッキと呼ばれてい

  • コーラサイズの変遷

    コカコーラは世界のどこへ行っても売られている飲み物です。日本ではコーラの容量は、缶飲料は350ミリリットルと500ミリリットル、ペットボトルは500ミリリットル入りのものが主流となっています。最近ではペットボトルのサイズにもバリエーションが生まれつつあり、50

  • イギリスは正式名称じゃない?

    イギリスにおいてEUの離脱を問う国民投票が行われました。大方の予想を裏切り、離脱派が勝利してしまいました。これを受けイギリスの通貨であるポンドは下落をはじめ、ドルも下落し、安定の日本円に買いが殺到したことから100円を切る円高にと、あっという間に世界中に影響を

  • EU拡大の歴史

    イギリスがEU離脱を問う国民投票で、番狂わせの結果となる離脱を選んだことが話題となっています。EUというのはこれまで一貫して拡大を続けてきました。そこから離脱をするという事例ははじめてとなります。あらためてEU拡大の歴史をふりかえってみましょう。

  • 2016年と中上健次

    中上健次という作家がいました。1946年に和歌山県新宮市で生まれ、その後18歳で上京し、羽田空港で肉体労働に従事しながら24歳で結婚、その後、1976年に30歳で「岬」により芥川賞を受賞します。これは戦後生まれとしては初めての受賞者となります。

  • 舛添要一と学士助手

    舛添要一が東京都知事を辞職しました。舛添要一といえば、80年代から「朝まで生テレビ!」に出演するなど、インテリのタレント学者というイメージが強くあります。当時の肩書は東京大学助教授でした。 フランス政治の研究者 舛添要一は九州の進学校か

  • 梅雨が明けなかった年がある?

    今の日本は梅雨のシーズンです。梅雨というのは7月の下旬になれば自然と明けるものというイメージがあります。ですが、日本では梅雨明けがなかった年があります。 1993年の記録の冷夏 梅雨が明けなかったといわれる年は、1993年に日本をおそった記録的

  • 昔の大学の学費は?

    大学の学費というのは高いといわれます。私立大学の初年度納入金は安いところでも100万円はします。奨学金を使って通い、卒業時には500万円から600万円の借金を背おい、なおかつ安定した就職も望めないという状況では、暗い未来を感じざるを得ません。 昔

  • 地下鉄24時間券の使い方

    東京メトロの1日乗車券は現在、24時間有効券に変わっています。もともとは710円で、終電から始発まで乗り放題のきっぷでしたが、その後600円に値下げをしていました。さらにお値段は据え置きで、24時間有効になりました。これはとてもお得なきっぷだと言えるでしょう。

  • 中央線沿線なぜ文化的?

    中央線沿線は、文化的なにおいが強いといわれています。若者向けの安い食堂をはじめ古本屋、レコードショップ、ライブハウス、古着屋などが多く存在します。なかでも高円寺は日本のインドと呼ばれるほどカオスな雰囲気がただよっています。中央線沿線はそもそもなぜ文化的といわれ

  • 筑波山どこまで見える?

    筑波山は茨城県の中心部に存在する山です。標高は877メートルと、それほど高くないのですが、まわりを平地にかこまれているため非常に目立ちます。筑波山はどこまで見えるのでしょうか? 海ほたるからも見える 筑波山というのは茨城県の中央部にありますから

  • 第二次世界大戦の中立国は?

    第二次世界大戦は、世界が真っ二つに分かれた戦争といわれています。日本は、ドイツ、イタリアとともに枢軸国の一角をにない、太平洋戦争において、アメリカ、イギリス、中国、オランダを相手に戦いました。 中立国がある ですが、第二次世界大戦では世界中のあ

  • 勝ち組、負け組とブラジル

    勝ち組、負け組という言葉があります。勝ち組は当然収入が高く、生活が安定している人、負け組は収入も低く不安定な生活を強いられている人という意味合いがあります。ですが、まったく違った意味にこの言葉が取られたこともありました。それが第二次世界大戦後のブラジル日系移民

10 / 36 « 最初 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 最後 »