アルバムの語源は?

アルバムと呼ばれる言葉があります。一般的には、ある程度まとまった楽曲が集められた作品集といったイメージがありますね。有名なミュージシャンなどにおいては、どのアルバムが最高傑作であるかといったことがよく語られています。さらにミュージシャンの名前とアルバムの名前が一致したアルバムは、評価が高いとも言われていますね。ビートルズのホワイトアルバムと呼ばれるものは、タイトルがビートルズであります。確かにその法則は当てはまるものがあるのかもしれません。

写真集?

さらにアルバムといえば、幼少期からの思い出がパッケージされたものといった意味合いもありますね。ファイル状の冊子に収められて、それを懐かしさを持って眺めるといったこともよく行われていますね。卒業アルバムなどは、楽曲の題名にもなっている通り、懐かしさやノスタルジアといったものと切っても切れない関係にあるでしょう。このアルバムの語源は何なのでしょうか。

アルバムはまとめたもの

アルバムの語源はラテン語のalbo(白)が語源とされています。私たちが日ごろよく使うアルバムという言葉には、白いものといった意味があるのですね。音楽の作品や、思い出の写真などが刻まれたものは、基本としては白いものだったのです。これは古代ローマで議事録として使われたものが白い石版であったことに由来するようです。そこに書き込まれたさまざまなトピックがまとめられてアルバムと呼ばれるようになったのかもしれません。