余った18きっぷは売れる?

夏休みに突入し、青春18きっぷが活躍するシーズンとなりました。1日の間ならば、どこまで移動しても普通列車ならば1日2300円で乗れるとあって、とてもお得なきっぷです。移動距離も東京を始発で出た場合、終電で北九州の小倉まで行けるとあって人気です。


現在は1枚

青春18きっぷは、かつては1日ごとに使える5枚つづりのきっぷでした。そのため、1つのきっぷを複数人で使うこともできました。現在は、1枚のきっぷに5日分のサインスペースがあるデザインになっています。そのため、複数人での使用も可能ですが、降りる駅や乗る駅、あるいは最終的な目的地などをすべて一緒にしなければ使えなくなっています。それでも、お得なきっぷであることには変わりありません。

あまってしまったら?

青春18きっぷは、5回有効のきっぷなので、1~2回分があまってしまうという人もいるかもしれません。有効期限内にどこかへ行こうか迷う人もいるかもしれませんが、金券ショップに売ってしまうというのもひとつの方法です。場合によっては定価以上の値段で買い取ってくれるところもあります。2回分ならば、1泊2日の旅行に調度よいですし、1回分でも気軽な日帰り旅行に使えます。青春18きっぷの1枚の値段は2300円です。ちょっとした日帰り旅行ならば片道2000円くらいなので、往復すれば4000円となり、それだけで十分お得なきっぷとなるのです。そのため、1~2回分がのこった18きっぷはけっこう需要があるのです。

ポイントは日付

18きっぷを高額で買い取ってもらうためには日付に注意する必要があります。この先使う予定がないのならば、すぐに金券ショップに持ち込む必要があります。有効期限が少なくなっていくとそれだけ、買取額も下がっていきます。1日ごとに価格が変わっていきますから注意が必要です。

青春18きっぷは5回有効なきっぷですが、1~2回があまってしまったら、日付によっては金券ショップに持ち込むと値段以上で買い取ってくれるところもあります。

「最高の健康食品は「納豆キムチ」と「味噌汁」 発酵食品が免疫力アップする理由」の詳細を調べる

    
コメント