アメリカはなぜ米国と呼ばれるのか

ニュースなどでアメリカのことが米国(べいこく)と呼ばれることがあります。これはなぜなのでしょうか。


ルーツ漢字表記

かつて日本では世界各国の国名をカタカナではなく漢字で表記していた時代がありました。漢字は国名の音をそのまま当てたものです。そこでアメリカは亜米利加と記されていました。その中で、米の文字が残って米国と呼ばれるようになったのです。

同じようにフランスは仏蘭西、ドイツは独逸と記されていました。頭の表記を取って仏国、独国と呼ばれるようになりました。しかしこれは漢字文化圏に共通のものではありません。中国ではアメリカは美国、フランスは法国、ドイツは徳国と表記されますので注意が必要です。

なぜ米国となった?

しかし、国名を漢字で記して頭の文字を取るならば、なぜ亜とはならなかったのでしょうか。これは推察ですが、亜はアジアの漢字表記である亜細亜と重複するためではないでしょうか。他の文字も利は、イタリアの漢字表記の伊太利亜に同じ文字が含まれますし、加はカナダの漢字表記である加奈陀と混同してしまうため、米国となったのではないでしょうか。

他の漢字表記は?

他の国名の漢字表記はどのようになっているのでしょうか。タイは文字の響き通り、泰と表記されます。しかし、ベトナムは中国文化圏に含まれていた国ですので、越国と記されます。その他、丁抹(デンマーク)、洪牙利(ハンガリー)といった国々の表記もあります。

「ネタ・トリビア情報」の詳細を調べる

    
コメント