アメリカ大統領選挙、なぜわかりづらい?

2016年はアメリカの大統領選挙が行われる年です。11月8日の一般有権者による投票に向けて民主党と共和党の候補者選びが行われています。現在のアメリカ大統領であるオバマ大統領は、2期目のため、引退となり、まったく新しい大統領が誕生することになります。


なぜわかりづらいのか?

アメリカの大統領選挙というのはわかりづらい仕組みが取られています。まず一般有権者による投票が行われて、各州が定めた選挙人が投票を行います。この選挙人の数は人口ごとに配分されています。その州で、一番多くのの得票数を獲得した候補が、選挙人の数を総取りとなる方式が取られています。全体の得票数で一番になっても選挙人の数次第では、当選しないということもあるのです。この仕組はとてもわかりにくいです。そのまま一般投票の数を集計すればいいと思うのですが、なぜこのような制度が取られているのでしょうか?

選挙人は州の代表者

選挙人は州を代表する人間とされています。この州というのは、日本でいえば都道府県のように思っている人がいますが実は異なります。州によって法律もバラバラであり、州は県というよりはひとつの国家なのです。大統領を選ぶにあたっての選挙人は州の有権者を代表する人間であるとともに、州そのものを代表する人間なのです。それゆえに州の垣根を取っ払い、アメリカ人から大統領を選ぶということができていないのが現状なのです。

「100ドル札はアメリカで使えない?」の詳細を調べる

    
コメント